詩編 7:1-17

ベニヤミン人クシュ*の言葉に関してダビデがエホバに歌った哀歌* 7  わたしのエホバよ+,あなたのもとにわたしは避難しました+わたしを迫害するすべての者からわたしを救い,わたしを救い出してください+   救い出してくれる者がいないときに+だれかがライオンのようにわたしの魂*を引き裂き+,[わたしを]奪い去ることのないためです。   わたしのエホバよ,もしわたしがこのことをしたのなら+もしわたしの手に不正があるのなら+   もしわたしが自分に報いてくれる者に悪を返したのなら+また[もし],わたしに無益にも敵対する者からわたしが奪い取ることをした[のなら+],   敵にわたしの魂を追わせ+追いつかせ,わたしの命を地に踏みにじらせ,わたしの栄光を塵に住まわせてください。セラ。   エホバよ,怒りのうちに立ち上がってください+わたしに敵意を示す者たちの憤怒の激発に対して身を起こしてください+わたしのために*目を覚ましてください+。あなたは裁きのために命令を出された[からです+]。   そして,国たみ*の集まりにあなたを取り囲ませ,あなたは高い所に帰って,それに向かってください。   エホバはもろもろの民に自ら宣告を下されます+エホバよ,わたしの義と,わたしのうちにある忠誠+とにしたがってわたしを裁いてください+   どうか,邪悪な者たちの悪が終わりますように+あなたが義なる者を堅くしてくださいますように+は義なる方+として*+と腎*を試しておられます+ 10  わたしのための盾は,心の廉直な者たちの救い主+であるの上にある+ 11  *は義なる裁き主+*は日ごとに糾弾を浴びせておられる* 12  もしある人が帰らないなら+,[]はその剣を研ぎ+必ず弓を引いて*,[射る]用意をされる+ 13  そして,ご自分のために死の器を必ず備え+ご自分の矢を燃える[矢]とされる+ 14  見よ,有害なことをはらんでいる者がいる+彼は難儀を宿して,必ず偽りを産む+ 15  彼は坑を掘り抜いて,それを掘りつづけた+だが,自分の作りかけた穴に落ち込む+ 16  その難儀は彼自身の頭に帰し+彼の頭の頂にその暴虐が下る+ 17  わたしはエホバをその義にしたがってたたえ+至高者+エホバのみ名に調べを奏でよう+

脚注

「エミニの子クシュ」,七十訳。
「哀歌」。ヘ語,シッガーヨーン。意味は明確でないが,リズムが急速に変化する非常に感情的な歌のことを表わしているのかもしれない。シャーアグという動詞から派生した語であれば,シッガーヨーンは喜びもしくは危険のために発せられる,とどろくような叫び声を意味しているのかもしれない。ハバ 3:1では複数形が使われている。七十訳,ウル訳,「詩」。
「わたしの」。ヘ語,ナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
「わたしのために」,マソ本; 七十訳,ウル訳,「わたしの神エホバよ」。
「国たみ」。ヘ語,レウンミーム。この箇所はエローヒームと読むべきなのかもしれない。そうであれば,この句は,「神々の集まりにあなたを取り囲ませ」となる。82:1と比較。
は義なる方として」。ヘ語,エローヒーム ツァッディーク。エローヒームという称号は複数形で,形容詞ツァッディークは単数形。
または,「と最も奥深い感情」。ヘ語,ウーケラーヨート
「神」。ヘ語,エローヒーム。単数形の形容詞が後に続く。9節,「義なる方として」の脚注参照。
」。ヘ語,ウェエール
または,「神は……糾弾しておられる」。七十訳,「[神]は……怒りを発してはおられない」。
「引いて」。字義,「踏んで」,しばしば弓の真ん中に足をしっかりと据えることにより。