詩編 68:1-35

指揮者へ。ダビデによる。調べ,歌。 68  が立ち上がってくださり+,その敵たちが散らされ+[]を激しく憎む者たちが[]のゆえに逃げて行くように+   煙が吹き払われるように,あなたが[彼らを]吹き払ってくださいますように+ろうが火のゆえに溶けるように+邪悪な者たちがのみ前から滅びうせますように+   しかし,義なる者たちは,歓び+のみ前で大いに喜び+歓びのうちに歓喜するように+   あなた方はに向かって歌い,そのみ名に調べを奏でよ+荒野の中を乗り進まれ+,その名をヤハといわれる*+に[歌を]うたえ。そのみ前で歓呼せよ。   父なし子の父,やもめの裁き主+それはご自分の聖なる住まいにおられる+   は孤独な者たちを家に住まわせ*+捕らわれ人を連れ出して,豊かな繁栄に導き入れられる+しかし強情な者は,焼けつく地に住まなければならない+   よ,あなたがご自分の民の前に出て行かれたとき+あなたが砂漠を進んで行かれたとき+ ― セラ ―   地は激動し+天もまた,のゆえに滴り+このシナイは,,イスラエルの+のゆえに[激動した+]。   よ,あなたは豊潤な大雨を降らせはじめました+ご自分の相続物,それがうみ疲れているときにも ― あなたご自身がその気力を回復させてくださいました+ 10  あなたの天幕村+ ― そこに彼らは住みました+よ,あなたはご自分の善良さをもって,それを苦しんでいる者のために備えてくださいました+ 11  エホバ*ご自身がみことばを与えてくださる+良いたよりを告げる女は大軍をなしている+ 12  軍勢の王たちでさえ逃げる。彼らは逃げる+しかし家にとどまっている者,彼女は分捕り物にあずかる+ 13  あなた方は[宿営の]灰の山*の間に横たわっていたが,銀で覆われたはとの翼と,黄緑色の金*で[覆われた]羽翼とがあるであろう+ 14  全能者*がそこ*で王たちを広く散らされた*とき+ツァルモン+に雪が降りはじめた。 15  バシャン+の山地**の山+バシャンの山地は峰の連なる山+ 16  峰の連なる山々よ,なぜお前たちは,が自ら住むことを願った山+をねたましげに見つづけるのか。エホバご自身が[そこに]永久に住まわれるのだ+ 17  の戦車は幾万,幾千となくある+エホバご自身がシナイから聖なる場所に入って来られた*+ 18  あなたは高い所に上られました+あなたはとりこを連れ去られました+あなたは人々という形の*賜物を取られました+そうです,強情な者たちをもです+*ヤハ*よ,[彼らの中に]住むために+ 19  日ごとにわたしたちのために荷を負ってくださるエホバが+わたしたちの救いの[まことの]がほめたたえられるように*+。セラ。 20  わたしたちにとって[まことの]は救いを施される*+死から逃れ出る道*は,主権者+なる主,エホバに属する+ 21  実にご自身がその敵の頭を+自分の罪科のうちに歩き回る者の毛深い頭の頂を打ち砕かれる+ 22  エホバ*は言われた,「わたしはバシャンから連れ戻し+海の深みから*[彼らを]連れ戻す+ 23  それは,あなたが足を血で洗い*+あなたの犬の舌が敵からその受け分を得る+ためである」と。 24  よ,彼らはあなたの行列を見ました+わたしの*,わたしのの行列が聖なる場所に入って行くのを+ 25  歌うたいたちは前を行き,弦楽器を弾く者たちはその後に従い+その間にあって乙女らはタンバリンを打ち鳴らしていました+ 26  イスラエルのから[出た者たちよ+],群集の中で*を,エホバ*をほめたたえよ+ 27  そこでは小さいベニヤミンが彼らを従えており+ユダの君たちが,叫び声を上げるその群衆と共にいる。ゼブルンの君たちも,ナフタリの君たちも+ 28  あなたのはあなたの力に命令を下されました+よ,わたしたちのために行動してくださった方よ,力を示してください+ 29  エルサレムにあるあなたの神殿のゆえに+王たちはあなたのもとに供え物を携えて来るのです+ 30  葦の中の野獣+,雄牛*の集まりを+もろもろの民の子牛と共に叱責してください。その各々は銀の塊を踏みつけています+[]は,戦いを喜びとするもろもろの民を散らされました*+ 31  青銅の品々*がエジプトから出てくる+クシュ*もその手を[供え物と共に]素早くに伸べるであろう+ 32  ああ,地のもろもろの王国よ,に向かって歌い+エホバ*に調べを奏でよ ― セラ ― 33  古からの天の天に乗り進まれる+に[調べを奏でよ]。見よ,[]はその声を,力強い声を出される+ 34  力をに帰せよ+その卓逸性はイスラエルの上に,その力は雲の中にある+ 35  は畏怖の念を抱かせる方であり,あなたの大いなる聖所*から[現われ出る+]。それはイスラエルのであり*,民に力を,まさに偉力を与えておられる+がほめたたえられるように+

脚注

ヤハといわれる」。BHS脚注(ヘ語),キー ヤーハ; マソ本(ヘ語),ベヤーハ,「ヤハにより」。ヤーハは四文字語<テトラグラマトン>YHWHの前半分である。マソ本には49回出ており,いずれの場合にも2番目の字母に点(マッピーク)が打たれているのが特徴であるが,歌 8:6の場合のみマッピークのない形で出て来る。タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,「エホバ」。出 15:2,「ヤハ」の脚注,付録1イ参照。
マソ本による; ヘブライ語動詞をわずかに訂正することにより,「孤独な者たちを家に連れ戻し」。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「[宿営の]灰の山」。または,「鞍袋」; または,「羊のおり」。ヘブライ語の意味は明確でない。
「金」。ヘ語,ハールーツ。
「全能者」。ヘ語,シャッダイ。
「そこ」,女性形。地を指している。
または,「広く分散させられた」。
または,「山」。ヘ語,ハル。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「エホバご自身がシナイから……来られた」,ヘブライ語本文の提案されている読み方にしたがい,申 33:2とも合わせて; マソ本,「主権者なる主[ヘ語,アドーナーイ]はそれらの中に,シナイ[に]……おられる」。11節の脚注参照。
字義,「人々の中に」。ヘ語,バーアーダーム
「神」。ヘ語,エローヒーム。
4節の脚注参照。
「エホバが……ほめたたえられるように」。ヘ語,バールーク アドーナーイ; 七十訳バグスター(ギ語),キュリオス ホ テオス エウロゲートス,エウロゲートス キュリオス,「エホバ神がほめたたえられる[ように],エホバがほめたたえられる[ように]」。付録1ロ6ニ参照。
「神」。ヘ語,エール。
または,「死からの脱出」。
11節の脚注参照。
「から」,マソ本,シリ訳; タル,七十訳,ウル訳,「を通して」。
「洗い」,七十訳,シリ訳,ウル訳と一致させてマソ本を訂正することによる。
「わたしの」。ヘ語,エーリー。
「エクレシアで」,七十訳,ウル訳。
「エホバ」。ヘ語,エフワー; 多くのヘブライ語写本と印刷版,アドーナーイ。付録1ロ参照。
字義,「強力な者たち」。
「[神]は……を散らされました」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「を散らしてください」。
「青銅の品々」。ヘ語,ハシュマンニーム,意味は明確でない; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「大使たち」。
「クシュ」,マソ本,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「エチオピア」。
11節の脚注参照。
字義,「あなたの聖なる所」(複)。
「イスラエルの神であり」。母音符号の打ち方を変えることにより,「(その方は)イスラエルに」。ヘ語,エール イスラーエール; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「イスラエルの神であり」。