詩編 62:1-12

エドトン*の指揮者へ。ダビデの調べ。 62  そうだ,わたしの魂は黙[して*],ただ,を[待ち]望む+わたしの救いは[]のもとから来る+   そうだ,[]はわたしの岩,わたしの救い,わたしの堅固な高台+わたしが激しくよろめかされることはない+   あなた方は自分たちが殺害しようとする者に向かって,いつまで狂暴に振る舞うのか+あなた方は皆,傾いた城壁,押し倒された石壁のようだ+   そうだ,彼らは人をその尊厳から誘い出そうとして忠告を与え+うそを楽しみとする+彼らは口では祝福するが,内心では災いを呼び求める+。セラ。   そうだ,わたしの魂よ,黙してを待ち望め+わたしの望みは[]から出ているからだ+   そうだ,[]はわたしの岩,わたしの救い,わたしの堅固な高台+わたしがよろめかされることはない+   わたしの救いと栄光はにある+わたしの強固な岩,わたしの避難所はのうちにある+   民よ,いつでも[]に依り頼め+そのみ前にあなた方の心を注ぎ出せ+はわたしたちのための避難所である+。セラ。   そうだ,地の人*の子らは呼気であり+人間*の子らは偽りである+はかりに掛けると,彼らを皆一緒にしても呼気より軽い+ 10  だまし取ることにあなた方の信頼を置いてはならない+また,全くの強奪についておごり高ぶってもならない+たとえ資産が殖えたとしても,[それに]心を留めてはならない+ 11  一度,は話され,二度,わたしはこのことを聞いた+力がに属することを+ 12  また,エホバ*よ,愛ある親切もあなたに属するのです+あなたご自身が各々に*その業に応じて返報されるからです+

脚注

39:表題の脚注参照。
「黙[して]」,マソ本; 母音符号の打ち方をわずかに調整することにより,「(神に対して)沈黙を守る」。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。
または,「人」。ヘ語,イーシュ。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
または,「に」。ヘ語,レイーシュ