詩編 6:1-10

低音オクターブ*+の弦楽器の指揮者へ。ダビデの調べ。 6  エホバよ,怒りのうちにわたしを戒めないでください+激しい怒りのうちにわたしを正さないでください+   エホバよ,恵みを示してください。わたしは衰えてゆきます+エホバよ,わたしをいやしてください+。わたしの骨はかき乱されたからです。   そうです,わたしの魂はひどくかき乱されました+ですが,あなたは,ああエホバよ,― いつまでですか+   エホバよ,帰って来てください+。わたしの魂を助け出してください+あなたの愛ある親切*のゆえにわたしを救ってください+   死にあっては,あなたのことを語り告げる[人]はいない*からです+シェオル*にあっては,だれがあなたをたたえるでしょうか+   わたしは自分の溜め息でうみ疲れました+わたしは夜通し寝いすを漂わせ+寝床をわたしの涙であふれさせます+   わたしの目は煩いのために弱り+わたしに敵意を示すすべての者たちのために老い衰えました+   有害なことを習わしにする者は皆,わたしから離れ去れ+エホバはわたしの泣く声を必ず聞かれるからだ+   エホバは恵みを求めるわたしの願いを確かに聞いてくださり+エホバご自身がわたしの祈りを受け入れてくださる+ 10  わたしの敵はみな大いに恥じ+,かき乱される。彼らは引き返し,瞬く間に恥じるであろう+

脚注

低音オクターブ」。ヘ語,ハッシェミーニート。これは「第八」という語の女性形で,それがここで指しているものが第8音,オクターブ,8弦の楽器,あるいは第8日(割礼の日)なのか,正確なことは明らかでない。
または,「あなたの忠節な愛」。
または,「あなたについての記憶はない」。
「シェオル」,マソ本,シリ訳; ギ語,ハーイデーイ; ラ語,インフェルノー。付録4ロ参照。