詩編 55:1-23

弦楽器の指揮者へ。マスキル*。ダビデによる。 55  よ,わたしの祈りに耳を向けてください+恵みを求めるわたしの願いからご自分を隠さないでください+   わたしに注意を払い,わたしに答えてください+わたしは自分の気遣いによって不安に駆られ+動揺を表わさずにはいられません。   それは敵の声のため,邪悪な者の加える圧迫のゆえです+彼らは有害なことをわたしの上に落としつづけ+怒りのうちにわたしに対して敵がい心を抱きます+   わたしの心は,わたしの内で激しく痛んでいます+死の恐れがわたしに降り懸かりました+   恐れが,そうです,おののきがわたしに入り+身震いがわたしを覆います。   それで,わたしは言いつづけます,「ああ,はとのように翼があったなら+わたしは飛んで行って,住むであろうに+   見よ,わたしは遠くに飛んで行き+荒野に宿るであろうに+。―セラ ―   わたしは疾風*から,大あらしから離れて+わたしの逃れ場へ急いで行くであろうに」。   エホバ*よ,彼らの国語を混乱させ,分裂させてください+わたしは都の中に暴虐と言い争いを見たからです+ 10  彼らは昼も夜もその城壁の上を[歩いて]周囲を巡ります+害悪と難儀がその内にあるのです+ 11  逆境がその内にあります。その公共広場から,虐げと欺まんは離れ去りませんでした+ 12  わたしをそしるようになったのは敵ではないからです+そうでなければ,わたしは耐えられたでしょう。わたしに向かって威張ったのは,わたしを激しく憎む者ではありませんでした+そうでなければ,わたしはその者から身を覆い隠せたことでしょう+ 13  そうではなく,それはわたしと並ぶ者であった死すべき人間+わたしの親密な者,わたしの知己であったあなただったのだ+ 14  わたしたちは親愛の情を抱く仲だったからだ+わたしたちは群集と共にの家へ歩いたものだった+ 15  荒廃が彼らに[臨め+]!彼らは生きたままシェオルに下って行け+外国人として居留している間,彼らの内には悪いことがあったからである+ 16  しかしわたしは,に呼ばわる+すると,エホバご自身がわたしを救ってくださる+ 17  わたしは夕に朝に昼に,気遣いを示さずにはいられず,うめき声を上げる+そして,[]はわたしの声を聞いてくださる+ 18  わたしに対する戦いから,[]は必ずわたしの魂を請け戻し,安らぎを[与えて]くださる+彼らが大挙してわたしに攻めかかったからだ+ 19  *は聞いて,彼らに答えられるであろう+昔と同じように[み座に]座しておられるその+ ― セラ ―彼らは変わること*のない者であり+を恐れなかった者たちである+ 20  彼は自分と平和に暮らしている者たちに向かって手を突き出した+彼は自分の契約を汚した+ 21  彼の口[の言葉]はバターよりも*滑らかだ+しかし,その心は戦いに傾く*+彼の言葉は油よりも柔らかい+しかし,それは抜き身の剣である+ 22  あなたの重荷*をエホバご自身にゆだねよ+そうすれば,[]が自らあなたを支えてくださる+[]は義なる者がよろめかされることを決してお許しにならない+ 23  しかし,よ,あなたは彼らを最も低い坑に陥れられます+血の罪を負う,欺まんに満ちた者たち*は,自分の日数の半ばも生きることはありません*+しかしわたしは,あなたに依り頼むのです+

脚注

32:表題の脚注参照。
「極点に達する風」,ここの分詞を別の語の派生形と取ることにより。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「神」。ヘ語,エール。
または,「[人生の]浮き沈み」; または,「相互債務」。
「バターよりも」,マソ本を訂正することによる。
字義,「戦い(戦争)である」。
または,(与えられる)「分」。
字義,「血(複)と欺まんの人々」。
字義,「日数を半分にしない」。