詩編 50:1-23

アサフ+の調べ。 50  神たる者+,エホバ*+ご自身が話された+そして地に呼びかけられる*+日の昇る所から日の沈む所に至るまで+   美しさの極みであるシオンから+ご自身が輝き出られた+   わたしたちのは来られる。そして黙しておられる*はずはない+そのみ前では火がむさぼり食い+その周囲は非常に激しいあらしとなった+   []は上なる天と,地とに呼びかけられる+ご自分の民に裁きを執行するためである+   「わたしの忠節な者たちをわたしのもとに集めよ+犠牲をもってわたしの契約*を結ぶ*者たちを+」。   そして,天は[]の義を告げる+ご自身が裁き主だからである*+。セラ。   「わたしの民よ,聴け。わたしは話そう+イスラエルよ,わたしはあなたを責める証しをしよう*+わたしは,あなたのである+   わたしはあなたの犠牲に関して+また,絶えずわたしの前にある,その全焼燔の捧げ物[に関して]あなたを戒めるのではない+   わたしはあなたの家から雄牛を,あなたの囲いから雄やぎを取り出しはしない+ 10  森林の野生動物はどれもわたしのものだからである+千の山の上の獣も+ 11  わたしは山々にいる翼のある生き物を皆よく知っており+原野の動物の群れもわたしと共にいる+ 12  わたしはたとえ飢えることがあろうとも,それをあなたに言いはしない。産出的な地*+とそこに満ちるものは,わたしのものだからである+ 13  わたしが強力な[雄牛]の肉を食べるだろうか+雄やぎの血を飲むだろうか+ 14  感謝のことばをあなたの犠牲としてにささげ+あなたの誓約を至高者に果たせ+ 15  苦難の日にわたしを呼べ+わたしはあなたを救い出し,あなたはわたしの栄光をたたえる+であろう」。 16  しかし邪悪な者に対しては,はこう言わなければならなくなる+「あなたにはどんな権利があってわたしの定めを並べ立て+わたしの契約*を口にするのか+ 17  何と,あなたは ― あなたは懲らしめを憎んだ+あなたはわたしの言葉をいつも後ろに投げ捨てる+ 18  あなたは盗人を見ると,いつもこれを喜びさえした*+あなたが分かち合うのは,姦淫を行なう者たちとであった+ 19  あなたはその口を悪いことに向かって放った+あなたはその舌を欺まんにくっつけて置く+ 20  あなたは座って,自分の兄弟を非難し+自分の母の子について落ち度を明かす+ 21  こうしたことをあなたはしたが,わたしは黙っていた+あなたはわたしがきっとあなたのようになるだろうと想像したのだ+わたしはあなたを戒める+。わたしはあなたの目の前で事を整える+ 22  *を忘れる者たちよ+,どうか,このことを理解するがよい。だれも救い出す者がいないまま,わたしが[あなたを]引き裂くことがないためである+ 23  感謝のことばを自分の犠牲としてささげる者,それがわたしの栄光をたたえる者である+定まった道を保つ者には,わたしは*による救いを見させよう+」。

脚注

「神たる者,神,エホバ」。または,「神々の神,エホバ」。ヘ語,エール エローヒーム エフワー。ヨシュ 22:22,「エホバ」の脚注参照。
「そして地は恐れはじめる」,マソ本を変えることにより。
または,「耳の聞こえない者となられる」,祈りに関して。
または,「わたしとの契約」。
「結ぶ」。字義,「切る」。
「この方は裁きの神だからである」,幾つかの字母の区切りと母音符号の打ち方を変えることにより。
または,「わたしはあなたを訓戒(に警告)しよう」。
「産出的な地」。ヘ語,テーヴェール; 七十訳,「人の住む地」; ラ語,オルビス テッラエ,「地の円」。
「わたしの契約」,5節の場合と同じ。
「これを喜びさえした」,マソ本; タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,「これと走りさえした」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「神」。ヘ語,エローヒーム。