詩編 42:1-11

指揮者へ。コラの子たち+のためのマスキル* 42  水の流れを慕う雌鹿のように,*,わたしの魂もあなたを慕います+   わたしの魂はを,生ける+を求めて*渇いているのです+わたしが来て,のみ前に出る*のはいつのことでしょうか+   わたしにとっては,昼も夜も涙が食物となりました+一方,[彼らは]*一日じゅう,「お前のはどこにいるのか」とわたしに言います+   わたしはこれらのことを思い起こし,わたしの内にある魂を注ぎ出します+わたしはよく群集と共に進んで行き,*の家に向かって彼らの前をゆっくり歩いたものだからです+祭りを祝う群衆+歓呼と感謝の声と共に+   わたしの魂よ,なぜお前は絶望しているのか+なぜお前はわたしの内で騒ぎ立つのか+を待ち望め+わたしは,わたし自身*の大いなる救い*として,なお[]をたたえるからだ+   わたしの*,わたしの内でわたしの魂が絶望しています+ですから,わたしはあなたを思い起こすのです+ヨルダンの地とヘルモンの峰々*から+小さい山から*+   あなたの(水)竜巻*の音で,水の深みが水の深みへと*呼びかけています。あなたのすべての砕け波と大波+それがわたしの上を越えて行きました+   昼,エホバはその愛ある親切*をお命じになり+夜には,その歌がわたしと共にあります+わたしの命のへの*祈りがあります+   わたしの大岩であるにわたしは言います+「なぜあなたはわたしをお忘れになったのですか+なぜわたしは敵の虐げのゆえに悲しんで歩くのですか+」と。 10  わたしに敵意を示す者たちは,わたしの骨に対する殺害をもってわたしをそしりました+そして一日じゅう,「お前のはどこにいるのか」とわたしに言います+ 11  わたしの魂よ,なぜお前は絶望しているのか+なぜお前はわたしの内で騒ぎ立つのか+を待ち望め+わたしは,わたし自身*の大いなる救い,わたしのとして*,なおもこの方をたたえるからだ+

脚注

32:表題の脚注参照。
「神よ」,マソ本,七十訳,ウル訳; タル,シリ訳,「エホバよ」。
生ける神を求めて」。ヘ語,レエール ハーイ。エホバに用いられる他の描写的表現や称号については,付録1リ参照。
「み前に出る」,マソ本,七十訳,ウル訳; タル,シリ訳,「み顔を見る」。
「彼らは」,シリ訳および四つのヘブライ語写本。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「わたしの顔」,七十訳,シリ訳,ウル訳,および11節; マソ本,タル,「そのみ顔」。サム二 17:11,「ご自身も」の脚注参照。
「大いなる救い」。字義,「救い」(複)。ヘ語,エシューオート。威光を表わす複数形。
「わたしのよ」。ヘ語,エローハイ。
または,「と神聖な場所(峰々)」。
字義,「の山から」。ヘ語,メーハル ミツアール; 訂正により,「シオン」。
「あなたの瀑布」,七十訳,ウル訳。
または,「逆巻く水が逆巻く水へと」,マソ本; 七十訳,ウル訳,「底知れぬ深みが底知れぬ深みへと」。
または,「その忠節な愛」。
「わたしのへの」,マソ本(ヘ語,レエール ハイヤーイ),タル,七十訳,ウル訳; シリ訳および多くのヘブライ語写本,「生ける神への」。2節参照。
字義,「わたしの顔」。5節,「自身」の脚注参照。
「わたしのとして」。ヘ語,ウェーローハーイ。