詩編 39:1-13

エドトン*+の指揮者へ。ダビデの調べ。 39  わたしは言った,「わたしは自分の道を守って+舌で罪をおかすことがないようにしよう+邪悪な者がわたしの前にいる限り+わたしは自分の口にくつこを守りとしてはめよう+」。   わたしは口のきけない者となって沈黙した+わたしは良いことから押し黙っていた+すると,わたしが痛みを受けることは締め出された。   わたしの心はわたしの内で熱し+わたしが溜め息をついている間,火は燃えつづけた。わたしは自分の舌で言った,   「エホバよ,わたしの終わりをわたしに知らせてください+わたしの日の長さを ― それがどれだけかを+自分がどんなにはかないものであるかを知るためです+   ご覧ください,あなたはわたしの日をごくわずかなもの*とされました+わたしの寿命はあなたのみ前にはないも同然です+実に,地の人*は皆,しっかり立ってはいても,ただの呼気にすぎません+。セラ。   実に,人*は幻像のように歩き回ります+実に,彼らはいたずらに騒ぎ立ちます+物を積み上げますが,だれがそれを集めることになるか知りません+   それで今,エホバ*よ,わたしは何を待ち望んできたのでしょうか。わたしの期待はあなたに向けられています+   わたしのすべての違犯からわたしを救い出してください+わたしを無分別な者のそしりとしないでください+   わたしは口がきけませんでした+。わたしは口を開くことができませんでした+あなたご自身が行動されたからです+ 10  あなたの災厄をわたしから取り除いてください+あなたのみ手の敵意のために,わたしは終わりを迎えたのです+ 11  あなたはとがに対する戒めによって人*を正されました+そしてその願わしい物を蛾のように食い尽くされます+実に,地の人*はみな呼気なのです+。セラ。 12  エホバよ,わたしの祈りを聞いてください。助けを求めるわたしの叫びに耳を向けてください+わたしの涙に対して沈黙していないでください+わたしはあなたにとって外人居留者にすぎず+わたしのすべての父祖と同じく移住者だからです+ 13  わたしから[目を]そらしてください。わたしが去って,いなくなる前に+,わたし[の気持ち]が晴れやかになるために+」。

脚注

「エドトン」。説明されていない語。
「ごくわずかなもの」。字義,「ただの手幅」。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。
「人」。ヘ語,イーシュ。
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。