詩編 27:1-14

ダビデによる。 27  エホバはわたしの光+,わたしの救い+わたしはだれを恐れる必要があろうか+エホバはわたしの命のとりで+わたしはだれを怖れる必要があろうか+   悪を行なう者たちがわたしの肉を食い尽くそうと,わたしに近づいて来たとき+その者たちは個人的にわたしに敵対する者,わたしに敵する者であるが+彼ら自らつまずいて,倒れた+   陣営がわたしに向かって天幕を張ろうとも+わたしの心は恐れない+わたしに向かって戦いが起ころうとも+わたしはそれでも信頼しつづけるだろう+   わたしは一つのことをエホバに願い求めた+わたしはそれを待ち望む+すなわち,エホバの快さを見るため+その神殿を*感謝の思いを抱いて見つめるために+命の日の限りエホバの家に住むことを+   []は災難の日にその隠れがにわたしを隠し+その天幕の秘められた場所にわたしを覆い隠し+岩の上の高みにわたしを置いてくださるからだ+   それで今,わたしの頭はわたしの周囲にいる敵の上に高く上がる+わたしはその天幕で喜びの叫びの犠牲をささげ+エホバに歌い,調べを奏でる+   わたしが声を上げて呼ぶとき,エホバよ,聞いてください+わたしに恵みを示し,わたしに答えてください+   あなたに関して,わたしの心は言いました,「あなた方はわたしの顔を見いだすように努めよ+」と。エホバよ,わたしはあなたのみ顔を見いだそうと努めるのです+   わたしからみ顔を覆い隠さないでください+怒りのうちにあなたの僕を退けないでください+あなたはわたしの助けとなってくださらなければなりません+わたしの救いのよ,わたしを見捨てないでください。わたしを捨てないでください+ 10  わたしの父とわたしの母がわたしを捨て去ったとしても+エホバご自身がわたしを取り上げてくださることでしょう+ 11  エホバよ,あなたの道をわたしに教え諭してください+わたしの敵のゆえに,わたしを廉直の道筋に導いてください。 12  わたしに敵対する者たちの魂にわたしを渡さないでください+わたしに向かって偽りの証人たちが+暴虐を浴びせる者が立ち上がったからです+ 13  もしわたしに,生ける者の地でエホバの善良さを見るという信仰がなかったなら*+―! 14  エホバを待ち望め+。勇気を出し,あなたの心を強くせよ+そうだ,エホバを待ち望め+

脚注

「その神殿を」。ヘ語,ベヘーカーロー; ギ語,ナオン; ラ語,テンプルム王二 20:18の脚注と比較。マタ 23:16の脚注参照。
「もし……なかったなら」。ヘ語,ルーレー; 七十訳,シリ訳,ウル訳,および五つのヘブライ語写本は省いている。マソ本ではこの語にソフェリムによる特殊符号が付けられている。付録2イ参照。