詩編 23:1-6

ダビデの調べ。 23  エホバはわたしの牧者+わたしは何にも不足しません+   []は草の多い牧場にわたしを横たわらせ+水の十分にある休み場にわたしを導いてくださいます+   []はわたしの魂をさわやかにしてくださいます+そのみ名のために義の進路にわたしを導いてくださいます+   たとえ深い陰の谷を*歩もうとも+わたしは何も悪いものを恐れません+あなたがわたしと共にいてくださるからです+あなたのむち棒と杖は,わたしを慰めてくれるものなのです+   あなたは,わたしに敵意を示す者たちの前で,わたしの前に食卓を整えてくださいます+あなたはわたしの頭に油を塗ってくださいました+わたしの杯はあふれんばかりです*+   確かに,善良と愛ある親切*が,わたしの命の日の限りわたしを追うことでしょう+わたしは長い日々にわたって,エホバの家に住むのです*+

脚注

または,「たとえ死の陰の谷を」。
字義,「充満そのものです」。
または,「善良と忠節な愛」。
「わたしは……住むのです」,タル,シリ訳,ウル訳。