詩編 21:1-13

指揮者へ。ダビデの調べ。 21  エホバよ,王はあなたの力にあって歓びます+彼は何と大きな喜びを抱いて,あなたの救いにあずかりたいと思うことでしょう+   あなたは彼にその心の願いを与え+その唇の望みを差し控えられませんでした+。セラ。   あなたは良いものの祝福をもって彼に会い+精錬された金の冠をその頭に置かれたのです+   彼はあなたに命を願い求めました。あなたは[それを]彼にお与えになりました+定めのない時に至るまで,まさに永久に続く長い日々を+   彼の栄光はあなたの救いによって大いなるものです+あなたは尊厳と光輝を彼の上に置かれます+   あなたは彼を,永久に,大いに祝福された者とされるからです+あなたはみ顔を歓ぶことをもって彼を喜ばせてくださるのです+   王はエホバに,至高者の愛ある親切*に依り頼んでいるからです+。彼がよろめかされることはありません+   あなたの手はあなたのすべての敵を見いだし+あなたの右の手はあなたを憎む者たちを見いだします。   あなたはご自分の注意を向ける定めの時に,彼らを火の炉とされます+エホバは怒りのうちに彼らを呑み尽くし,火は彼らをむさぼり食うのです+ 10  あなたは彼らの実を地から滅ぼし+彼らの子孫*を人*の子らの中から[滅ぼされます+]。 11  彼らはあなたに悪いことを向かわせたからです+彼らは実行できない企てを考え出したのです+ 12  あなたは,彼らの顔に向かって[ねらいを]定めるその弓弦により+彼らが背を向けて敗走するようにさせます+ 13  エホバよ,あなたがその力のうちに高められますように+わたしたちは歌い,あなたの力強さに調べを奏でます+

脚注

または,「至高者の忠節な愛」。
または,「胤」。
字義,「地の人」,単数形。しかし,集合的に用いられている。ヘ語,アーダーム。