詩編 2:1-12

2  なぜ諸国の民は騒ぎ立ち+国たみはむなしいことをつぶやきつづけたのか+   地の王たちは立ち構え+高官たちも一団となって+エホバとその油そそがれた者+に敵対し*+   [こう言う。]「彼らの縛り縄を引きちぎり+その綱を我々から振り捨てよう+」。   天に座しておられる+が笑う。エホバ*ご自身が彼らをあざ笑う+   その時,[]は怒りのうちに彼らに語り+憤激して彼らをかき乱し+   [こう言われる。]「わたしは,まさしくわたしは,わたしの聖なる山*+シオンに+わたしの王を立てた+」。   わたしはエホバの布告について述べよう。[]はわたしに言われた,「あなたはわたしの子+わたしは,今日,あなたの父となった+   わたしに求めよ+。わたしは諸国の民をあなたの相続物として+地の果てをあなたの所有物として与えよう+   あなたは鉄の笏をもって彼らを砕き*+彼らを陶器師の器であるかのように粉々にする+」。 10  それで今,王たちよ,洞察力を働かせよ。地の裁き人たちよ,矯正を受けよ+ 11  恐れを抱いてエホバに仕え+おののきつつ喜べ+ 12  子に口づけせよ*+。[]がいきり立ち,あなた方が道[から*]滅びうせないためである+その怒りは容易に*燃え上がるからだ+すべて[]のもとに避難する者たちは幸いだ+

脚注

「とその油そそがれた者に敵対し」。ヘ語,ウェアル・メシーホー; ギ語,クリストゥー; シ語,メシーヘ; ラ語,クリストゥム
書写の際YHWHがアドーナーイに変えられた134箇所の一つ。付録1ロ参照。
字義,「わたしの神聖さの山」。
「砕き」,マソ本; 七十訳,「牧し」。
に口づけせよ」。ヘ語,ナッシェクー・ヴァル。ここでは,3編の表題の場合のようなヘブライ語ベーンではなく,アラム語ヴァル(バルの変化形)が用いられている; タル,「教えを受けよ」; 七十訳,「矯正を受けよ」; ウル訳,「懲らしめを学べ」。箴 31:2の脚注参照。
「道[から]」,七十訳,ウル訳の「義の道から」という読み方と一致させて。
または,「すぐに」。