詩編 147:1-20

147  あなた方はヤハを賛美せよ*+わたしたちのに調べを奏でるのは良いことだからである+それは快いことだからである ― 賛美はふさわしい+   エホバはエルサレムを建てておられ+イスラエルの追い散らされた者たちを集められる+   []は心の打ち砕かれた者+をいやし+その痛む所を包んでくださる+   []は星の数を数えておられ+そのすべてを[各々の]名で呼ばれる+   わたしたちの*は大いなる方,力に満ちておられる+その理解については語り尽くすことができない+   エホバは柔和な者たちを助け+邪悪な者たちを地に卑しめておられる+   あなた方は感謝のことばをもってエホバにこたえ応じ+たて琴をもってわたしたちのに調べを奏でよ+   []は天を雲で覆っておられる+地のために雨を備えられる+山々に青草を生え出させる+   []は獣に,鳴きつづける幼い渡りがらす*+,食物を与えておられる+ 10  []は馬の力強さを喜びとされるのではなく+人間*の脚を楽しみとされるのでもない+ 11  エホバは,ご自分を恐れる者たち+ご自分の愛ある親切を待ち望む者たちを楽しみとしておられる+ 12  エルサレムよ,エホバをほめよ+シオンよ,あなたのを賛美せよ+ 13  []はあなたの門のかんぬきを強固にされたからである。[]はあなたの中にいるあなたの子らを祝福してくださった+ 14  []はあなたの領地に平和を置いておられ+小麦の脂肪*をもっていつもあなたを満ち足らせてくださる+ 15  []はみことばを地に送っておられ+そのみ言葉は速やかに走る。 16  []は雪を羊毛のように与えておられ+白霜を灰のように散らされる+ 17  []はその氷を食物の小片のように投げておられる+だれがその寒さの前に立ち得るだろうか+ 18  []はみ言葉を送り出して+,それらを溶かす。その風*を吹かせる+水は滴る。 19  []はみ言葉をヤコブに+その規定+と司法上の定めをイスラエルに告げておられる+ 20  []はほかのどの国民にもそのようにはなさらなかった+[その]司法上の定めについては,彼らはこれを知らなかった*+あなた方はヤハを賛美せよ+

脚注

104:35の脚注参照。
「わたしたちの」。ヘ語,アドーネーヌー。アードーンの複数形で,卓越を表わしており,「大いなる(方)」および「満ちておられる」という単数形の形容詞を伴っている。
「幼い渡りがらす」。字義,「渡りがらすの子ら」。
人間」。ヘ語,ハーイーシュ
または,「小麦の最良の部分」。
「その」。ヘ語,ルーホー; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥス146:4,「霊」の脚注; 創 1:2,「力」の脚注と比較。
「ご自分の司法上の定めを彼らに知らされなかった」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳。