詩編 133:1-3

登って行くときの歌。ダビデによる。 133  見よ,兄弟たちが一致のうちに共に住むのは何と良いことであろう。[それは]何と快いことであろう+   それは頭に[注がれた]良い油のようだ+それはあごひげに,アロンのあごひげに流れ落ち*+その衣のえり*に流れ落ちる+   それはシオンの山々に下る+ヘルモン+の露のようだ+エホバはそこに祝福が,[まさに]定めのない時に至る命+が[あるようにと]お命じになったからである+

脚注

または,「に下り」,3節と同様。
または,「開き口」。字義,「口」。