詩編 132:1-18

登って行くときの歌。 132  エホバよ,ダビデに関して+そのあらゆる辱めを思い出してください+   彼がどのようにエホバに誓ったか+どのようにヤコブの強力な方+に誓約をしたかを+   「わたしは自分の家の天幕に入りません+わたしの立派な長いすの寝床に上りません+   わたしの目に眠りを与えることも+わたしの輝く目にまどろみを[与えることもしません+]。   エホバのために場所を+ヤコブの強力な方のために壮大な幕屋*を見いだすまでは+」。   見よ! わたしたちはそれをエフラタで聞き+森林の野にそれを見いだした+   わたしたちはその壮大な幕屋に入り+その足台に身をかがめよう+   エホバよ,あなたの休み場に上ってください+あなたとあなたの力の++   あなたの祭司たちが義をまとい+あなたの忠節な者たちが喜び叫びますように+ 10  あなたの僕ダビデのゆえに+あなたの油そそがれた者*の顔を退けないでください+ 11  エホバはダビデに誓われた+本当に,[]はそれから引き下がることはされない*+「あなたの腹の実からの[者を+],わたしはあなたの王座につけるであろう+ 12  あなたの子らが,わたしの契約と+わたしが彼らに教えるわたしの諭しとを守るなら+彼らの子らも永久に+あなたの王座に座るであろう+」。 13  エホバはシオンを選ばれたからである+それ*をご自分のための住まいとして慕われた+ 14  「これは永久にわたしの休み場である+ここにわたしは住むであろう。わたしはそれを慕ったからである+ 15  わたしはその*食糧を必ず祝福する+その貧しい者たちをパン*で満ち足らせる+ 16  そして,その祭司たちに救いをまとわせる+その忠節な者たちは必ず喜び叫ぶであろう。 17  そこにわたしはダビデの角を生えさせる+わたしはわたしの油そそいだ者のために*ともしびを整えた+ 18  彼に敵する者たちにわたしは恥をまとわせる+しかし彼の上には,その王冠+が栄える*であろう+」。

脚注

または,「壮大な住居」。字義,「幕屋」(複)。しかし,卓越を表わす複数形。
「あなたの油そそがれた者」。ヘ語,メシーヘカー; ギ語,クリストゥー; シ語,メシーハーク; ラ語,クリスティー
または,「ダビデに真実を誓われ,それから引き下がることはされない」。
または,「彼女」。「シオン」を指している。
13節の脚注参照。
または,「食物」。
「わたしの油そそいだ者のために」。ヘ語,リムシーヒー; ギ語,クリストーイ; シ語,ラムシーヘ; ラ語,クリストー
または,「その王冠が花を咲かせる」。