詩編 13:1-6

指揮者へ。ダビデの調べ。 13  エホバよ,いつまでわたしをお忘れになるのですか+。永久にですか+いつまでみ顔をわたしから覆い隠されるのですか+   いつまでわたしは自分の魂に抵抗を置き,昼間はわたしの心に悲嘆を[置く]のでしょうか。いつまでわたしの敵はわたしの上に高められるのですか+   [わたしを]ご覧ください。わたしのエホバよ,わたしに答えてください。わたしの目を輝かせてください+。わたしが死の眠りに落ちることのないためです+   わたしの敵が,「彼に勝った」と言うことのないためです。わたしに敵対する者たちが,わたしがよろめくといって喜ぶ[ことのないためです+]。   しかしわたしは,あなたの愛ある親切*に依り頼みました+わたしの心があなたの救いを喜びますように+   わたしはエホバに向かって歌います。豊かな報いをもってわたしを扱ってくださったからです+*

脚注

または,「あなたの忠節な愛」。
七十訳とウル訳は,「わたしは至高者エホバのみ名に調べを奏でるのです」を付け加えている。7:17参照。