詩編 128:1-6

登って行くときの歌。 128  すべてエホバを恐れる者+その道を歩む者は幸いである+   あなたは自分の手の労苦を食べるからである+あなたは幸福になり,あなたにとって物事は順調に行く+   あなたの妻は,あなたの家の一番奥にあって,実を結ぶぶどうの木のようになる+あなたの子らは,あなたの食卓の周りを囲むオリーブの木の挿し木のようになる+   見よ,エホバを恐れる強健な者は+そのように祝福される+   エホバはシオンからあなたを祝福される+また*,あなたの命の日の限りエルサレムの良いものを見+   あなたの子らの子たちを見よ+イスラエルの上に平安があるように+

脚注

または,「それゆえ」。