詩編 127:1-5

登って行くときの歌。ソロモンによる。 127  エホバご自身が家を建てるのでなければ+建てる者たちがそのために骨折って働いても無駄である+エホバご自身が都市を守るのでなければ+見張りが目覚めていても無駄である+   あなた方が早く起きるのも+遅く座るのも+苦痛と共に食物*を食べるのも+,それはあなた方にとって無駄なことである。これと同じように,[]はご自分の愛する者に眠りをお与えになる*+   見よ,子らはエホバからの相続物であり+腹の実は報いである+   若い時の子らは+力ある者*の手にある矢のようだ+   自分の矢筒をそれで満たした強健な者*は幸いである+彼らが恥をかくことはない+彼らは門で敵と話すからである。

脚注

字義,「パン」。
または,「[神]はご自分の愛する者に眠り[のうちに]お与えになる」。
「力ある者」。ヘ語,ギッボール。
強健な者」。ヘ語,ハッゲヴェル