詩編 124:1-8

登って行くときの歌。ダビデによる。 124  「エホバがわたしたちの側にいてくださらなかったなら+」,さあ,イスラエルは言え+   「人々*がわたしたちに向かって立ち上がったときに+エホバがわたしたちの側にいてくださらなかったなら+   そのとき,彼らはわたしたちを生きたまま呑み込んでいたことだろう+彼らの怒りがわたしたちに向かって燃えていたそのときに+   そのとき,水がわたしたちを流し去っていたことだろう+奔流がわたしたちの魂を越えて行ったことだろう+   そのとき,せん越の水が+わたしたちの魂を越えて行ったことだろう。   エホバがほめたたえられるように。[]はわたしたちを彼らの歯にえじきとして+渡されなかった+   わたしたちの魂は,えさでおびき寄せる者のわなから+逃れた鳥のようだ+わなは破られ+わたしたち自身逃れることができた+   わたしたちの助けは,天地の造り主+エホバのみ名にある+」。

脚注

または,「地の人」。ヘ語,アーダーム。