詩編 122:1-9

登って行くときの歌。ダビデによる。 122  人々がわたしに,「エホバの家+に行こう+」と言うとき,わたしは歓んだ+   エルサレムよ+,わたしたちの足はあなたの門の内に立っていた+   エルサレムは,一つに結び合わされた+都市のように建てられており+   そこに各部族が,ヤハ*の部族+が上って行った+イスラエルへの諭しとして+エホバのみ名に感謝をささげるために+   そこには裁きのための座*+ダビデの家のための王座+が設けられていたからである。   人々よ,エルサレムの平和を求めよ+[都よ,]あなた*を愛する者たちは心配から解放される+   平安があなたの塁壁の内に+心配のない状態があなたの住まいの塔の内に引き続きありますように+   わたしの兄弟と友のために,今わたしは言おう+「あなたのうちに平和がありますように+」と。   わたしたちのエホバの家のゆえに+わたしはあなた*のために善を求めつづけよう+

脚注

「ヤハ」。68:4の脚注参照。
「座」(複)。または,「壮大な座」,卓越を表わす複数形であれば。
「あなた」,女性単数形。「エルサレム」を指している。
6節の脚注参照。