詩編 103:1-22

ダビデによる。 103  わたしの魂よ,エホバ*をほめたたえよ+わたしの内にあるすべてのものよ,その聖なるみ名を[ほめたたえよ+]。   わたしの魂よ,エホバ*をほめたたえよ。そのすべての行ないを忘れてはならない+   []は,あなたのすべてのとがを許し+あなたのすべての疾患をいやし+   坑の中からあなたの命を取り戻し+あなたに愛ある親切と憐れみを冠として添え+   あなたの生涯を良いもので満たしておられる+あなたの若さは鷲のように絶えず新たにされる+   エホバ*は,だまし取られている者すべてのために+*と司法上の定めを執行しておられる+   []はその道をモーセに知らせ+その行動をイスラエルの子らに[知らせた+]。   エホバ*は憐れみと慈しみに富み+怒ることに遅く,愛ある親切に満ちておられる+   []はいつまでも過ちを捜しつづけることも+定めのない時に至るまで憤慨しつづけることもない+ 10  []はわたしたちの罪に応じてわたしたちを扱うことをされなかった+わたしたちのとがに応じて,当然受けるべきものをわたしたちにもたらすこともされなかった+ 11  天が地よりも高いように+その愛ある親切はご自分を恐れる者たちに対して優れたものだからである+ 12  日の出が日没から遠く離れているのと同じく+[]はわたしたちの違犯をわたしたちから遠くに離してくださった+ 13  父が自分の子らを憐れむように+エホバはご自分を恐れる者たちを憐れんでくださった+ 14  []ご自身がわたしたちの造りをよくご存じであり+わたしたちが塵であることを覚えておられるからだ+ 15  死すべき人間*についていえば,彼の日は青草のようであり+その咲き出る様子は野の花のようだ+ 16  ただの風がその上を過ぎ行けば,もはやそれはないからである+それがあった場所は,もうそれに気づきもしない+ 17  しかしエホバの愛ある親切*は,定めのない時から定めのない時に至るまで+[]を恐れる者たちに向けられ+その義は,子らの子らに+ 18  []の契約を守る者たち+その命令を覚えて実行しようとする者たちに及ぶ+ 19  エホバ自ら天にその王座を堅く立てられた+その王権はすべてのものの上に支配を行なった+ 20  エホバをほめたたえよ,その使いたちよ+。強大な力を持ち,[]の言葉の声に聴き従うことによって+,そのみ言葉を行なう者たちよ+ 21  エホバをほめたたえよ,そのすべての軍勢よ+そのご意志*を行なって,[]に仕える者たちよ+ 22  エホバをほめたたえよ,そのすべてのみ業よ+[]の支配*の及ぶすべての場所で+わたしの魂よ,エホバをほめたたえよ+

脚注

付録1ハ§8参照。
付録1ハ§8参照。
付録1ハ§8参照。
「数々の義」,マソ本; 七十訳,「慈善の行為」。
付録1ハ§8参照。
「死すべき人間」。ヘ語,エノーシュ。
または,「エホバの忠節な愛」。
または,「その喜ばれること」。
または,「[神]の統治権主権)」。ヘ語,メムシャルトー。代一 29:12の脚注参照。