詩編 101:1-8

ダビデによる。調べ。 101  わたしは愛ある親切と裁きについて歌います+エホバよ,わたしはあなたに向かって調べを奏でます+   わたしはとがのない道にあって思慮深く行動します+あなたはいつわたしのところに来てくださるのですか+わたしは心の忠誠によってわたしの家の中を歩きます+   わたしはどうしようもないもの*を目の前に置きません+わたしはそれて行く者たちの行ないを憎みました+それがわたしに取り付くことはありません+   曲がった心はわたしから離れて行きます+わたしは悪いことを何も知りません+   友をひそかに中傷する者+わたしはその者を沈黙させます+目がごう慢で,心の尊大な者*+わたしはその者に我慢できません+   わたしの目は地の忠実な者たちの上にあります+彼らがわたしと共に住むためです+とがのない道を歩んでいる者+それがわたしに仕える者なのです+   わたしの家の中には,策略を巡らす者はだれも住みません+偽りを語る者については+,その者がわたしの目の前に堅く立てられることはありません+   わたしは毎朝*,地の邪悪な者たちを沈黙させます+有害なことを行なう者を皆,エホバの都+から断ち滅ぼすためです+

脚注

字義,「ベリアル(無価値)のもの」。
字義,「目の高い,心の広い者」。
字義,「朝(複)のために」。