詩編 10:1-18

ל [ラーメド]* 10  エホバよ,なぜ遠く離れて立っておられるのですか+[なぜ]苦難の時にご自分を隠しておられる*のですか+   邪悪な者はそのごう慢さゆえに,苦しんでいる者のあとを激しく追います+彼らは自分の考えだした企てによって捕らえられます+   邪悪な者はその魂の利己的な願望について自らを称賛し+不当な利得を得る者+も自らを祝福したからです。נ [ヌーン]彼はエホバに対して不敬な態度を取りました+   邪悪な者は不遜にも*調べることをせず+*はいない」というのが,その考えのすべてです+   彼の道はいつも栄えます*+あなたの司法上の定めは彼の届かない高い所にあり+自分に敵意を示すすべての者に対しては,彼はこれに[息を]吹きかけます+   彼は心の中で言いました,「わたしがよろめかされることはない+[わたしは]代々災いに遭うことのない者[となる]」と+ פ [ペー]   彼の口は誓いと欺まんと虐げとに満ちています+その舌の裏には難儀と有害なことがあります+   彼は集落*に待ち伏せして座り,隠れ場から罪のない者を殺します+ע [アイン]その目は不幸な者*を見つけようと見張っています+   彼は隠れがにいるライオンのように,隠れ場で常に待ち伏せします+苦しんでいる者を力ずくで連れ去ろうと待ち伏せ+するのです。その網を引き寄せて閉じるとき,彼は苦しんでいる者を力ずくで連れ去ります+ 10  その者は打ちひしがれ,身をかがめ,気落ちした者たちの軍勢*は,彼の強い[かぎづめ]に掛かってしまいます+ 11  彼は心の中で言いました+,「は忘れたのだ+顔を隠したのだ+決して[これを]見ることはない」と+ ק [コーフ] 12  エホバよ,立ち上がってください+*よ,み手を上げてください+苦しんでいる者たちを忘れないでください+ 13  どうして邪悪な者は*に不敬な態度を取ったのですか+彼は心の中で言いました,「あなたは言い開きを求めない」と+ ר [レーシュ] 14  あなたは難儀と煩いとをご覧になったからです。あなたはずっと見ておられます。[彼らを]み手の中に捕らえるために+不幸な+者,父なし子は,あなたに[身を]ゆだねます。あなたは自ら[その]助け手となってくださいました+ ש [シーン] 15  邪悪で悪い者の腕を折ってください+彼の邪悪さを[ついには]見いだしえなくなるまで探り出してください+ 16  エホバは定めのない時に至るまで,まさに永久になのです+諸国の民はその地から滅びうせました+ ת [ターウ] 17  エホバよ,あなたは柔和な者たちの願いを確かに聞いてくださいます+あなたは彼らの心を定めてくださいます+あなたは耳を傾けて注意を払ってくださいます+ 18  それは,父なし子や,打ちひしがれた者のために裁きを行なうため+地の者である死すべき人間がもはやおののきを生じさせることのないためです*+

脚注

七十訳とウル訳ではこの詩編はその前の詩編と一緒になっており,39節から成る一つの編となっている。マソ本では,アルファベット順のこの折り句<アクロスティック>は詩編 9編から10編へと続いており,10編のほうはヘブライ語アルファベットの12番目の字母ラーメドで始まる。
「ご自分を隠しておられる」,タルと一致して。
「不遜にも」。字義,「その鼻の高さにしたがって」。
「神」。ヘ語,エローヒーム。
「栄えます」,訂正による; マソ本,「存続します」。
「集落」,マソ本; 母音符号の打ち方をわずかに変えることにより,「青草」。
「不幸な者」。マソ本のこの語の意味は明確でない。この箇所を「あなたの軍勢」と読む人もいるが,文脈に合わない。
「気落ちした者たちの軍勢」。マソ本のこの語の意味は明確でない。
「神」。ヘ語,エール。
「神」。ヘ語,エローヒーム。エローアハの複数形。
または,「死すべき人間がもはや地からおののきつつ動き続けることのないために」。