創世 7:1-24

7  その後エホバはノアにこう言われた。「あなたとあなたの家の者たち+はみな箱船に入りなさい。あなたがこの世代にあってわたしの前に義なる者であることを,わたしは見たからである+  あなたは,あらゆる清い獣の中から七匹ずつ*,雄とそのつがいの雌*を自分のもとに取らねばならない+。そして,あらゆる清くない獣の中からはただ二匹ずつ,雄とそのつがいの雌を[取るように]。  また,天の飛ぶ生き物の中からも七匹ずつ,雄と雌を[取って+],全地の表に子孫*を生き長らえさせるように+  あと七日のうちに,わたしは四十日四十夜+地に雨+を降らせるからである。わたしは自分の造った,存在しているすべてのものを地の表からぬぐい去る+」。  それでノアはすべてエホバから命じられたとおりにしていった。  そして,ノアは六百歳であったが,そのとき地に大洪水が起きた*+  それでノア,そして彼の息子たち,妻,また息子たちの妻が彼と共に大洪水*の水に先立って箱船に入った+  あらゆる清い獣,あらゆる清くない獣,また飛ぶ生き物と地面を動くあらゆるものの中から+  二匹ずつ,雄と雌がノアのところへ,箱船の中へ入った。*がノアに命じたとおりとなった。 10  それから七日後,大洪水*の水が地に臨んだ。 11  ノアの生涯の六百年目,第二の月*,その月の十七日,その日に広大な水の深み*のすべての泉が破られ,天の水門*が開かれた+ 12  そして,地に注ぐ豪雨は四十日四十夜+続いた。 13  まさにその日,ノア,そしてノアの息子たちセム,ハム,ヤペテ+,またノアの妻と息子たちの三人の妻が彼と共に箱船に入った+ 14  彼ら,そしてあらゆる野獣がその種類にしたがい+,あらゆる家畜がその種類にしたがい,地の上を動くあらゆる動く生き物がその種類にしたがい+,あらゆる飛ぶ生き物がその種類にしたがい+,あらゆる鳥,翼のあるあらゆる生き物が[入った+]。 15  こうして,その内に命の力が活動している*あらゆる肉なるもの+の中から二匹ずつがノアのところへ,箱船の中へ入って行った。 16  そして,入って行くもの,すなわちあらゆる肉なるものの雄と雌は,が彼に命じたとおりに中に入った。そののちエホバは彼の後ろの戸を閉じられた+ 17  そして大洪水*は地の上に四十日続いた。水は増えていって箱船を持ち上げるようになり,それは地より高いところに浮かんだ。 18  そして,水はみなぎって地の上に大いに増えつづけたが,箱船は水の表を動いて行った+ 19  そして,水は地に大いにみなぎって,全天下の高い山々がことごとく覆われるようになった+ 20  水はそれらの上十五キュビトにまでみなぎり,山々は覆われた+ 21  そのため,地の上を動くすべての肉なるものは,飛ぶ生き物も,家畜も,野獣も,地の上に群れなすすべての群れも,そして人もみな+息絶えた+ 22  その鼻孔に命の力の息が活動していた*すべてのもの,すなわち乾いた地面にいたすべてのものが死んだ+ 23  こうして[]は,地の表に存在していたすべてのものを,人から獣,動く生き物,天の飛ぶ生き物にいたるまでぬぐい去られ,それらは地からぬぐい去られた+。ただノア,および彼と共に箱船の中にいたものだけがそのまま生き残った+ 24  そして,水は百五十日のあいだ地にみなぎっていた。

脚注

字義,「七つ,七つ」。
「雄とそのつがいの雌」。字義,「男とその妻」。
字義,「種」。
または,「天の大洋が臨んだ」。17節の脚注; 6:17,「大洪水」の脚注; 詩 29:10の脚注参照。
6節の脚注参照。
「神」,マソ本,七十訳,シリ訳; サマ五,タルエ,オ,ウル訳諸写,「エホバ」。これは,神のみ名の使用をウル訳の写本が裏付けている一例。BHKおよびBHSの創 7:9に関する脚注; 付録1イ1ニ参照。
6節の脚注参照。
「第二の月」。出エジプトの際エホバはイスラエル人に宗教上の暦を与え,以後この月は,「ブル」として知られる第8の月となった。10月の後半から11月の前半に当たる。付録8ロ参照。
「水の深み」。または,「逆巻く水; 水の天蓋」。ヘ語,テホーム; 七十訳,「底知れぬ深み」; ウル訳,「大いなる底知れぬ深み」。1:2,「深み」の脚注参照。1:7の述べる,「大空の上方に来る水」とはこれのことであったに違いない。6:17,「大洪水」の脚注と比較。
「水門」。字義,「窓」。七十訳,「瀑布」。
6:17,「活動している」の脚注参照。
6:17,「大洪水」の脚注参照。
6:17,「活動している」の脚注参照。