レビ記 21:1-24

21  エホバはなおもモーセにわれた,「さいたち,すなわちアロンのらにかたりなさい。あなたはかれらにこうわねばならない。『そのたみなかにあって,だれもぼうしたたましいのために*ぶんけがしてはいけない+  しかし,ぶんぢかけつえんのため,すなわちぶんははちち息子むすこむすめきょうだい  またまいすなわちぶんぢかしょじょおとこのものとなったことのないもののため,そのもの*のためにはけがしてもよい。  しょゆうしゃしょゆうされているおんなのためにそのたみなかにあってけが*,こうしてぶんぞくなるものとしてはいけない。  かれらはそのあたまをはげにするべきではない+。あごひげのはしをそるべきではない+。そのにくたいきずをつけるべきでもない+  かれらはそのかみたいしてせいなるものであるべきで+ぶんたちのかみけがしてはいけない+かれらは,エホバへのによるささものを,すなわちぶんたちのかみのパンをささげるものだからである+かれらはせいなるものでなければならない+  ゆうじょ+またはおかされたおんなかれらはめとるべきではない。おっとからこんされたおんな+をめとってもいけない+かれかみたいしてせいなるものだからである。  こうしてあなたはかれしんせいものとしなければならない+かれはあなたのかみのパンをささげるものだからである。かれはあなたにたいしてせいなるものであるべきである+。あなたがたしんせいにしているわたしエホバはせいなるものだからである+  「『さて,さいむすめばいしゅんおこなってぶんけがあい,そのものは,ぶんちちけがしているのである。かのじょなかかれるべきである+ 10  「『また,きょうだいたちのだいさい,すなわちあたまにそそぎあぶらそそがれ+,そのちからたされて*ころもけるもの+,そのものぶんあたまととのえないでいるべきではない+。そのころもくべきでもない+ 11  また,どんなんだたましい*のもとにもるべきではない+。そのちちははのためにもけがしてはいけない。 12  せいなるところからるべきでもなく,ぶんかみせいなるところけがしてもならない+けんのうのしるし,すなわちかみのそそぎあぶら+かれうえにあるからである。わたしはエホバである。 13  「『またかれしょじょおんなをめとるべきである+ 14  やもめあるいはこんされたおんな,またおかされたおんなゆうじょ,これらのいずれをめとってもいけない。ぶんたみなかからしょじょつまとしてむかえるべきである。 15  こうしてかれはそのたみなかにあってぶんたね*けがさないようにするべきである+。わたしはエホバ,かれしんせいにしているものなのである+』」。 16  エホバはつづきモーセにはなしてわれた, 17  「アロンにはなしてこういなさい。『あなたのたねだいだいにわたり,そのけっかん+のあるものはだれもかみのパンをささげるためにちかづいてはいけない+ 18  けっかんのあるものがいるあい,そのものちかづいてはいけない。すなわち,もうもくものあしのなえたものはなけたものたいいっぽうながすぎる*もの+ 19  また,あしほねほねくだけているもの 20  また,せむし,やせこけた*ものしっかんのあるもの,かさぶたにおおわれたものはくせんのあるものこうがんそこなったもの+ 21  さいアロンのたねのうちそのけっかんのあるものはだれも,エホバへのによるささものをささげる+ためにちかってはいけない。そのものにはけっかんがある。そのものちかってかみのパンをささげてはいけない+ 22  かれは,きわめてせいなるもの+,またせいなるもののなかからかみのパンをべてもよい+ 23  しかし,はいってまく+ちかくにてはいけない。さいだん+ちかってもいけない。そのものにはけっかんがあるからである+かれはわたしのせいなるところけがすべきではない+。わたしはエホバ,かれらをしんせいにしているものなのである+』」。 24  そこでモーセはアロンとそのらおよびイスラエルのすべてのらにはなした。

脚注

「死亡した魂のために」。字義,「のために」,すなわち,死んだ魂のために。ヘ語,レネフェシュ; ギ語,プシュカイス,複数形。11節および民 6:6の脚注と比較。付録4イ参照。
「その者(彼女)」,マソ本; 七十訳,「彼ら」。
『所有者に所有されている女のためにその民の中にあって身を汚してはいけない』。これは,マソ本が不明瞭であるために提出されている訳し方; 七十訳,「その民の中にあってにわかに身を汚してはならない」; ウル訳,「民の君のためにも身を汚してはならない」。
「その手に力を満たされて」。または,「権能を付与されて(就任して; 職に任じられて)」。ヘ語,ウーミッレー エト・ヤードー; ギ語,テテレイオーメヌー(七十訳トムソン,「聖別されて」)。ヘブ 5:9およびヘブ 7:28の脚注参照。
字義,「死んだ者の魂」。ヘ語,ナフショート(複)の後に,「死んでいる」を意味する語メートが続いている; ギ語,プシュケーイの後に,「死亡する」という語の完了分詞テテレウテークイアーイが続き,「死亡した魂」(単)という意味になっている; シリ訳,「死んだ者の魂」(単); ウル訳,「死んだ者」(単)。
または,「子孫」。
または,「余分の肢体のある」。
または,「矮小の」。あるいは,「肺病の」と読むのかもしれない。