ヨブ 40:1-24

40  そしてエホバはさらにヨブに答えて言われた,   「とがめだてする者が全能者と争おうとするのか*+*を戒める者がこれに答えよ+」。   そこでヨブはエホバに答えて言った,   「ご覧ください,私は取るに足りない者となりました+あなたに何と返答致しましょう。私の手を私は口に当てました+   一度,私は語りましたが,私はお答え致しません。そして二度[語りましたが],私はこれ以上申しません」。   そこでエホバは風あらしの中からヨブに答えて言われた+   「どうか,強健な人のように,あなたの腰に帯を締めるように+わたしはあなたに尋ねるので,あなたはわたしに知らせよ+   実際,あなたはわたしの公正を無効にしようとするのか。あなたは自分が正しい者とされるために,わたしを邪悪な者とするつもりか*+   あるいは,あなたには[まことの]のような*腕があるのか+[]のような声で雷鳴をとどろかせることができるのか+ 10  どうか,優越性+と気高さ+で身を美しく装うように。尊厳+と光輝+を身に着けよ。 11  あなたの怒りが激しくほとばしり出るように+すべてごう慢な者を見て,これを低くせよ。 12  すべてごう慢な者を見て,これを卑しめ+邪悪な人々をその場で踏みにじれ。 13  彼らを共々に塵の中に隠し+彼らの顔を隠れた所につなぎ留めよ。 14  そうすれば,わたしもまた,あなたをほめよう。あなたの右の手はあなたを救うことができるからだ。 15  さあ,見よ,わたしがあなたと同様に造ったベヘモト*がいる。これは青草を雄牛のように食べる+ 16  さあ,見よ,その力はその腰にあり,その活動力+はその腹の腱に[ある]。 17  これはその尾を杉のように垂れる。その股の筋は絡み合っている。 18  その骨は銅の管であり,その強い骨は打って造った鉄の棒のようである。 19  これは*の道の始まりであり,その造り主+は自分の剣をそばに持って来ることができる。 20  山々もこれがためにその産物を出し+野のすべての野獣もそこで戯れる* 21  とげのあるロータスの木の下にこれは横たわり,葦の隠れ場+や湿地+に[横たわる]。 22  とげのあるロータスの木はその陰でこれをさえぎり,奔流の谷のポプラはこれを取り囲む。 23  たとえ川が逆巻き流れても,これは慌てふためかない。ヨルダン+がその口にどっと流れかかっても,これは自信がある。 24  その目の前でだれかがこれを捕らえ得ようか。わなで[その]鼻を突き通し得ようか。*

脚注

「争おうとするのか」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「あなたは,自分が義にかなっているのに,わたしがあなたをそうではないように扱ったとでも思うのか」,七十訳。
「[まことの]のような」。ヘ語,カーエール申 33:26,「神のような」の脚注参照。
または,「かば」。ヘ語,ヴェヘーモート。ベヘーマーの複数形(創 1:24,「家畜」の脚注と比較); ギ語,テーリア,「野獣」; ラ語(10節),ベヘモート。
「神」。ヘ語,エール。
「これは深みにいる[ギ語,エン トーイ タルタロイ]四つ足の生き物に喜びをもたらした」,七十訳。付録4ニ参照。
マソ本と七十訳はこの章がさらに8節続いている。