ヨブ 4:1-21

4  そこで,テマン人エリパズ+が返答して言った,   「もし,人があなたにあえて言葉*を述べようものなら,あなたはもどかしくなろうか。しかし,言葉を慎むことはだれができよう。   見よ,あなたは多くの者を正した+また,弱い手を強めるのが常だった+   だれでもつまずく者をあなたの言葉*は起こし+また,利かなくなったひざをあなたは強くしてきた+   ところが,この度はそれが自分に臨むと,あなたはもどかしくなり,それがあなたに触れると,あなたはかき乱される。   あなたの畏敬の念はあなたの確信[のよりどころ]ではないか。あなたの望みは,あなたの道の忠誠さ+ではないか。   どうか,思い起こしてもらいたい。だれか罪がないのに滅びうせた者があるか。また,どこに廉直な+人でぬぐい去られた者があるか。   わたしの見てきたところでは,有害なことをたくらむ者,また厄介なことをまく者は自らそれを刈り取ることになる+   の息によって彼らは滅びうせ,その怒りの霊によって彼らは終わる。 10  ライオン*のほえる声,若いライオンの声があるが,たてがみのある若いライオンの歯は確かに折られる。 11  ライオンは獲物がないので滅びうせてゆき,ライオン*の子らは散り散りにされる。 12  さて,わたしに,ひとつの言葉がひそかにもたらされ,わたしの耳はそのささやきを捕らえた+ 13  夜の幻による不安な考えのうちに,深い眠りが人々を襲うとき。 14  怖れがわたしを襲い,おののきも[襲った]。おびただしいわたしの骨を,それは怖れで満たした。 15  ときに,ひとつの霊が,わたしの顔の上を通り過ぎて行った。わたしの身の毛はよだちはじめた。 16  それは立ち止まりかけたが,わたしはその姿を見分けられなかった。ひとつの形がわたしの目の前にあった。静けさがあり,そのときわたしはひとつの声を聞いた, 17  『死すべき人間* ― それはよりも*正しかろうか。あるいは,強健な者がその造り主よりも清かろうか』。 18  見よ,ご自分の僕たちをさえ[]は信じておらず,その使者たち*の過失をとがめられる。 19  まして,粘土の家に住む者,その基が塵の中にある者はなおさらのことである+彼らは蛾よりも速やかに砕かれる。 20  朝から夕方までに彼らは打ち砕かれる。だれも[それを心に]留めることもなく,彼らは永久に滅びうせる。 21  彼らの天幕の綱は彼らのうちで引き抜かれなかっただろうか。彼らは知恵に欠けているために死ぬ。

脚注

「言葉」。ヘ語,ダーヴァール。ヨブ記で20回使われている。
「あなたの言葉」。ヘ語,ミッレイカー。ヨブ記で34回,他の書の中では4回だけ使われている。
ヘ語,アルエー。アフリカライオン。
ヘ語,ラーヴィー。アジアライオン。
「死すべき人間」。ヘ語,ハエノーシュ。8:3の脚注と比較。
よりも」。ヘ語,メーエローアハ
または,「そのみ使いたち」。