ヨブ 36:1-33

36  そしてエリフはさらに言った,   「しばらくの間,わたしのことを辛抱するように。そうすれば,わたしはあなたに告げ知らせよう。まだ,のために*[言うべき]言葉があるということを。   わたしは遠くからわたしの知識を携えて来て,わたしを形作った方*義を帰することにする+   まことに,わたしの言葉は偽りではないからである。知識の全き+があなたと共におられるのである。   見よ,*は力があり+ながら,退けることをされない。[は]心*の力が強い。   []は邪悪な者を生かしておくことをされず+苦しむ者たちの裁きを与えられる+   []はその目を義にかなった者から離すことはない+王座にある王たちさえも+[]はまた彼らを永久に座に着かせ,彼らは高められる。   それにもし,彼らが足かせにつながれ+悩みの綱で捕らえられるなら。   そのとき,[]は彼らの行動の仕方について告げ,彼らが偉そうな態度を取るゆえに,彼らの違犯[についても告げられる]。 10  そして[]は勧告に対して彼らの耳を開き+彼らは有害なことから立ち返るべきであると,[]は言われるであろう+ 11  もし彼らが聴き従って仕えるなら,彼らはその日を幸せのうちに終え,その年を楽しく[終えるであろう+]。 12  しかし,もし彼らが聴き従わなければ,飛び道具によって+彼らは消え去り+知識もないまま息絶える。 13  そして心で背教した者たちは,怒りを募らせる+[]がそれらの者を縛られたゆえに,彼らは助けを叫び求めることをしない。 14  彼らの魂は若くして死ぬ+その命は神殿男娼たち+の中で。 15  []は苦しむ者たちをその悩みのうちに助け出し,虐げの中で彼らの耳を開かれる。 16  そして[]はまた,あなたを苦難の口から必ず誘い出される+束縛のない,広い所+がその場所にあり,あなたの食卓の慰めとなるものは肥えたもので満ちる+ 17  邪悪な者の受ける司法上の宣告+で,あなたは必ず満たされる。司法上の宣告と公正が捕らえるであろう。 18  だから,激しい怒り+に誘い込まれて[悪意に満ちて]手をたたくことのないように[気をつけよ]。多額の贖い+があなたを迷わさないように。 19  助けを求めるあなたの叫びは効果を表わすだろうか+。否,苦難の中で,[あなたの]強力な努力を尽くしても+ 20  夜*をあえぎ求めてはならない。もろもろの民がそのいる所[から]退く[夜を]。 21  あなたが有害なことに向かわないよう用心するように+あなたは悩みよりもむしろこれを選んだのだから+ 22  見よ,*がその力をもって意気揚々と行動される。だれか[]のような教訓者があろうか。 23  だれが[]に対してその道の責任を問うたか+だれが,『あなたは不義を行なった』と言ったか+ 24  []の働きをあがめるべきことを思い起こせ+それについて人々はほめ歌った+ 25  すべての人*がそれを見つめた。死すべき人間が遠くから見ている+ 26  見よ,はわたしたちが知り得る以上に高められている+数においてその年は探り得ないほどである+ 27  []は水のしずくを引き上げられ+それは[]の霧のために雨として漏れるのである。 28  ゆえに,雲は滴り+人の上に豊かに滴り落ちる。 29  実際,だれが雲の層を理解できようか。[]の仮小屋からのとどろきを+ 30  見よ,[]はご自分の光をその上に広げ+また海の根元を覆われた。 31  それらによって[]はもろもろの民の弁護をし+食物をおびただしく与えられる+ 32  そのもろ手で[]は稲妻*を覆われた。そして,これに命令を下して攻撃者を攻めさせられる+ 33  その響き+は[]について告げ,畜類もまた,上って来る者に関して[告げる]。

脚注

のために」。ヘ語,レエローアハ
または,「わたしを造った方に」。ヘ語,ウーレフォーアリー。
「神」。ヘ語,エール。
または,「良い動機」。34:34と比較。
または,「夜[の休み]」。
「神」。ヘ語,エール。
「人」。ヘ語,アーダーム。
字義,「光」。ヘ語,オール。30節に出ているのと同じ名詞。