ヨブ 32:1-22

32  それでこれら三人の者はヨブに答えるのをやめた。それは彼が自分の*目に義にかなっていたからである+  ところで,ラムの氏族のブズ人+,バラクエルの子エリフ*の怒りが燃えた。ヨブに対して彼の怒りは燃え盛った。[ヨブ]がよりも*むしろ自分の魂を義と宣したことに対してであった+  また,その三人の友に対しても彼の怒りは燃え盛った。これは,彼らが答えを見いださず,かえって*を邪悪な者としたからである+  ときにエリフは,言葉をもってヨブを待っていた。彼らが日において自分よりも年長だったからである+  ところが,エリフはやがて三人の者の口+に答えがないのを見,彼の怒りは一層燃えた。  そこでブズ人,バラクエルの子エリフは答えて言った, 「わたしは日が若く,あなた方は年老いている+それゆえに,わたしはたじろぎ*,恐れた。わたしの知識をあなた方に告げ知らせるのを[恐れた]。   わたしは言った,『もろもろの日が語るべきであり,数多くの年こそ知恵を知らせるべきものである』と+   確かに,死すべき人間の内の霊,そして全能者の息,それが彼らに悟りを与える+   単に日数の多い者が賢いのではなく+またただ年老いた者が裁きを理解するのでもない+ 10  それゆえ,わたしは言った,『どうか,わたし[の言うこと]を聴くように。わたしはわたしの知識を告げ知らせる。わたしもまた』。 11  見よ,わたしはあなた方の言葉を待ち望み,あなた方の推論に耳を向けてきた+あなた方が[言うべき]言葉を探せるまで。 12  そしてあなた方に,わたしは注意を向けていたが,それでも何と,ヨブを戒める者はなく,あなた方のうちのだれも彼の言ったことに答える者はいない。 13  それは,あなた方が,『わたしたちは知恵を見いだした+彼を吹き払われるのは*であって,人ではない』などと言わないためである。 14  彼はわたしに向かって言葉を並べ立てはしなかったから,あなた方の言ったことをもって,わたしは彼に返答したりはしない。 15  彼らはおびえて,もはや答えなかった。言葉は彼らから立ち退いた。 16  そしてわたしは待った。彼らが語り続けないからである。彼らは立ち止まり,もはや答えなかったからである。 17  わたしはわたしの分を答えて述べる。わたしもまた。わたしはわたしの知識を告げ知らせる。わたしもまた。 18  わたしは言葉で満ちており,霊がわたしの腹の中でわたしに圧迫を加えた+からだ。 19  見よ,わたしの腹は抜け口のないぶどう酒のようだ。新しい皮袋のように張り裂けようとしている+ 20  わたしに語らせてもらいたい。それがわたしに安堵をもたらすものとなるために。わたしは唇を開く。わたしが答えるために+ 21  どうか,人*にえこひいきを示すことをわたしにさせないでもらいたい+地の人*にわたしは称号を贈ることはしない+ 22  わたしは,どうすれば称号を贈れるかを本当に知らないからだ。そうでなければ,わたしの造り主+は容易にわたしを運び去るであろう。

脚注

「自分の(彼の)」,マソ本; 七十訳,シリ訳,「彼らの」。
「わたしの神は彼」の意。
よりも」。ヘ語,メーエローヒーム; 七十訳,「エホバ」。
「神」,元の読み方。マソ本,「ヨブ」。ユダヤ人のソフェリムが元の本文を「神」から「ヨブ」に変えた。これは18の修正箇所の一つ。付録2ロ参照。
または,「わたしは恐ろしくなり」。ヘ語,ザーハルティー。
「神」。ヘ語,エール。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。