ヨブ 3:1-26

3  ヨブが口を開いて自分の日に災いを呼び求めたのは+,その後のことであった。  さてヨブは答えて言った,   「わたしの生まれた日は滅びうせるように+また,『強健な者*が宿された!』と,だれかの言ったその夜も。   その日は,闇となるように。*も上からそれを顧みられないように。また,昼の光もその上を照らさないように。   闇と深い陰*がこれを取り戻すように。雨雲がその上にとどまるように。日を暗くするものがこれを怖れさせるように+   その夜は ― 暗闇がこれを捕らえるように+それは年の日の中で喜ぶことがないように。太陰月の数のうちにも入らないように。   見よ,その夜は ― 不妊となるように。喜びの叫び声はその中に起こらないように+   日をのろう者*がこれをのろい憎み,レビヤタン*+を目覚めさせ得る者が[これをのろい憎む]ように。   そのたそがれの星は暗くなるように。それが光を待っても,[光は]ないように。また,暁のひらめきも見ることがないように。 10  それはわたしの[母の]腹の戸を閉じず+またわたしの目から悩みを隠さ[なかった]からだ。 11  なぜわたしは胎から出て死ななかったのか+[なぜ]わたしは腹から出て来たとき,息絶え[なかったのか]。 12  どうして,ひざがわたしと向かい合ったのか。また,どうしてわたしの吸う乳房+[があったのか]。 13  今ごろは,わたしは横たわって,乱されないでいたであろうに+そうすれば,わたしは眠っていたであろうに。わたしは休み+ 14  地の王たちや顧問官たち+自分たちのために荒れ果てた所を*築いた者たちと共に+ 15  あるいは,黄金を持つ君たち,自分の家を銀で満たした者たちと共に[なったであろうに]。 16  あるいは,隠された流産+のように,わたしはいないであろうに。光を見なかった子供たちのように+ 17  かしこでは,邪悪な者も動揺をやめ+かしこでは,力の点で疲れ果てた者たちが休んでいる+ 18  共々に,捕らわれ人もくつろいでいる。彼らは実際,自分たちを仕事に追いやる者の声も聞かない+ 19  小なる者も大なる者もかしこでは同じで+奴隷はその主人から*自由にされている。 20  なぜ,悩みを持つ者に光を賜わり,魂の苦しむ者に命を[賜わるのか+]。 21  なぜ,死を待つ者たちがいるのに,それはないのか+彼らは隠された宝にも勝ってこれを掘り求めているというのに。 22  大はしゃぎをして*歓んでいる者たち,彼らは埋葬所を見いだすので歓喜する。 23  その道が隠された+,強健な者に**が垣で閉じ込める者に+,[なぜ光を賜わるのか]。 24  わたしの食物に先立ってわたしの溜め息が来て+水のようにわたしのうなり声は注ぎ出るからだ+ 25  怖ろしいものをわたしは怖れたが,それがわたしに臨み,わたしのおびえたものがわたしに及ぶからだ+ 26  わたしは安らいでおらず,また穏やかでもない。また,休んでもいないのに,それでも動揺が来る」。

脚注

「強健な者」。ヘ語,ガーヴェル。
「神」。ヘ語,エローアハ。エローヒームの単数形。エローアハはヨブ記に41回,そしてマソ本の他の書に16回出て来る。申 32:15,「神」の脚注参照。
「深い陰」。字義,「死の陰」。
「をのろう者」。ヘ語,オーレレー; 1:5,11; 2:5,9と同じではない。
「レビヤタン」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「大きな海の巨獣」。
「自分たちのためにピラミッドを」,訂正により。
「その主人から」。ヘ語,メーアドーナーウ。アードーンの複数形で,卓越を表わす。
「石の山で」,同じ節の「埋葬所」に対応させてマソ本をわずかに訂正することにより。
強健な者に」。ヘ語,レゲヴェル3節の脚注参照。
4節の脚注参照。