ヨブ 29:1-25

29  次いでヨブは再び,その格言的なことばを挙げて言った,   「ああ,わたしが昔の太陰の月々のときのようであったらよいのに+*がわたしを守っておられた日々のときのように+   そのとき,[]はそのともしびをわたしの頭の上に輝かせてくださり,[そのとき]わたしは[]の光によって闇[の中を]歩んだ+   わたしがわたしの盛りの日々にあったときのように+そのとき,との親密さがわたしの天幕のもとにあった+   そのとき,全能者はなおもわたしと共におられ,[そのとき]わたしの従者はわたしの周りにいた!   そのとき,わたしは自分の足跡をバターで洗い,岩はわたしのために油の流れを注ぎ出してくれた*+   そのとき,わたしは町の傍らの門に出て行き+公共の広場でわたしの座を整えたものだった+   若者たちはわたしを見て身を隠し,老人たちさえ起き上がって,立った+   君たちも言葉を抑え,たなごころをその口に当てるのであった+ 10  指導者たちの声も潜められ,彼らのその舌は上あごにくっついた+ 11  耳も聴いて,わたしを幸いな者とし,目も見て,わたしのために証しをしたからである。 12  それはわたしが,助けを叫び求める苦しむ者を救出し+父なし子や助け手のない者[を救出した]からである+ 13  滅びうせようとしている者の祝福+ ― それがわたしに臨み,やもめの心をわたしは喜ばせたのである+ 14  義をわたしは身に着け,それはわたしをすっかり覆っていた+わたしの公正はそでなしの上着のようであり ― ターバン[であった]。 15  わたしは盲人のために目となり+足のなえた人のための足であった。 16  わたしは貧しい者のための真の父であり+わたしの知らない者の訴訟 ― わたしはそれを調べた+ 17  また,わたしは不正をする者のあご骨を砕き+その歯から獲物を引き離した* 18  そしてわたしはこう言ったものだった,『わたしの巣の中で*わたしは息絶え+砂粒のように[わたしの]日を殖やそう+ 19  わたしの根は水に対して開かれており+露が一晩中わたしの大枝の上にとどまる。 20  わたしの栄誉はわたしと共に新たであり,わたしの弓はわたしの手にあって幾度も[矢を]射る』と。 21  彼らはわたし[の言うこと]を聴き,そして待ち望んだ。彼らはわたしの助言のために黙っていた+ 22  わたしの言葉の後は彼らは二度と語らず,彼らの上にわたしの言葉は滴り落ちた+ 23  そして彼らは雨を待つようにわたしを待ち+春の雨を求めてその口を大きく開けた+ 24  わたしは彼らにほほえみかけた ― 彼らは[それを]信じなかった ―わたしの顔の光+を彼らは陰らせなかった。 25  わたしは彼らのための道を選び,頭として座っていた。わたしは部隊の中の王のように住んだ+嘆き悲しむ者を慰める者のように+

脚注

「神」。ヘ語,エローアハ。
字義,「岩はわたしと共に油の流れのように注ぎ出されていた」。
「引き離した」,わずかな訂正による。マソ本,「投げた」。
「わたしの巣の中で」。あるいは,七十訳と一致させて,「老齢で」と読むのかもしれない。