ヨブ 26:1-14

26  そこでヨブは答えて言った,   「あなたは無力な者にとって何とまあ助けになったのだろう。あなたは力のない腕を[何と]救ったのだろう+   あなたは知恵のない者に何とまあ助言し+実際的な知恵を大勢の者に知らせたのだろう。   だれに対してあなたは言葉を告げ,だれの息*があなたから出て来たのか。   死んだ無力な者たち*は震えている。水とその中に住まう者との下にあって+   シェオルは[]の前では裸であり+滅び[の場所*]も覆うものがない。   []は北をむなしい所の上に張り伸ばし+地を無の上に掛けておられる。   水をその雲に包んでおられるので+雲塊はその下にあって裂けない。   王座*の面を囲い,その上に雲を広げておられる*+ 10  []は水の面に円を描かれた+そこまでで光は闇で終わる。 11  天の柱さえも震い,[]の叱責のゆえに驚嘆する。 12  その力によって[]は海を揺り動かし+その理解力により暴れ者*+を打ち砕かれた+ 13  その風によって*[]は天をもきれいにされ+そのみ手は滑るように動く蛇を刺し貫いた+ 14  見よ,これらは[]の道の外縁+何とかすかなささやき事が[]について聞かされたのだろう。しかしその力のある雷についてはだれが理解力を示せようか+」。

脚注

「だれの」。ヘ語,ウェニシュマト・ミー。
死んだ無力な者たち」。ヘ語,ホルファーイーム; これ以前の箇所では「レファイム」と訳されている。七十訳,ウル訳,「巨人たち」。
滅び[の場所]」。ヘ語,ラーアヴァッドーン,「アバドン」,このヘブライ語の言葉が初めて出て来る箇所。ギ語,アポーレイアーイ; ラ語,ペルディティオーニー啓 9:11の「アポルオン」と比較し,その脚注を参照。
「王座」。別の母音符号の打ち方によれば,「その満月」。
「広げておられる」。ヘブライ語ではこの動詞の混合形は不定詞独立形と解され,時に関しては不定で,非人称。
「暴れ者」。ヘ語,ラーハヴ。海の巨獣であろう。
「その)によって」。ヘ語,ベルーホー; ラ語,スピーリトゥス