ヨブ 16:1-22

16  そこでヨブは答えて言った,   「わたしはそのような多くのことを聞いた。あなた方はみな厄介な慰め手だ+   風のような言葉に終わりがあろうか+それとも,あなたは何にいら立たされて*,答えるのか。   わたしもまた,あなた方のようによく語ることもできる。もしも,わたしの魂のある所にあなた方の魂があったなら,わたしはあなた方に対して言葉において見事だろうか*+あなた方に向かって頭を振るだろうか+   わたしはこの口の言葉であなた方を強め+わたしのこの唇の慰めを ― 制するだろう。   たとえわたしが語るとしても,わたしのこの痛みは抑えられない+たとえそうするのをやめるとしても,何がわたしから去って行くだろう。   だが今,[]はわたしを疲れ果てさせた+[]はわたしと共に集まる者をみな荒らした。   あなたはまた私を捕まえられます。それは証人となったので+わたしのやせ細った身がわたしに向かって立ち上がります。わたしの面前でそれは証言します。   []の怒りが[わたしを]かき裂き,[]はわたしに対して敵がい心を抱く+[]は実際,わたしに向かって歯がみする+わたしの敵対者は,わたしに向かってその目を鋭くする+ 10  彼らはわたしに向かってその口を大きく開け+そしりをもってわたしのほほを打った。彼らは大勢でわたしに向かって集まって一団となる+ 11  *はわたしを幼い少年たち*に引き渡し,邪悪な者たちの手にわたしを真っ逆さまに投げ落とされる+ 12  わたしは安らいでいたのに,[]はわたしの気を転倒させられた+[]はわたしのうなじを捕まえて,わたしを打ち砕かれた。ご自分のためにわたしを的として立てられる。 13  その射手たち+はわたしを取り囲み,[]はわたしの腎臓+を裂き開き,少しも同情を覚えられない。[]はわたしの胆のうを地に注ぎ出される。 14  []はわたしを打ち破って,破れに破れを加え,力のある者のようにわたしにはせ掛かる+ 15  粗布+を,わたしは膚の上に縫い合わせ,わたしの角を塵の中に突き入れた+ 16  わたしの顔は,泣いて赤くなった+わたしのまぶたの上には深い陰*がある+ 17  わたしのたなごころには暴虐はなく,わたしの祈りは純粋なのに+ 18  地よ,わたしの血を覆うな+そして,わたしの叫び声のための場所がないように! 19  また今,見よ,天にはわたしについて証言する方がおり,わたしの証人*は高い所におられる+ 20  わたしの友はわたしに逆らう代弁者+わたしの目は眠らずに*を見た+ 21  そして,強健な人ととの間で裁決が行なわれようとしている。*の子とその仲間の間と同様に+ 22  わずか数年が*たつと,わたしは帰らぬ道筋を通って去って行くのだから+

脚注

「何にいら立たされて」。字義,「何があなたを苦しめて[立腹させて]」。
「に対する言葉に加わらせてもらいたい」,別の動詞の派生形と取れば。
「神」。ヘ語,エール。
字義,「幼い少年」(単),マソ本; 七十訳,ウル訳,「不正な者」。
「深い陰」。字義,「死の陰」。
「わたしの証人」。ヘ語,ウェサーハディー。アラム語からの借用語と考えられる。創 31:47,「エガル・サハドタ」の脚注参照。
「神」。ヘ語,エローアハ。
「人」。ヘ語,アーダーム。
「ただ数えられた年が」,七十訳。