ヨブ 13:1-28

13  「見よ,このすべてをわたしの目は見,わたしの耳は聞いて,考慮する。   あなた方の知っていることは,わたしもまたよく知っている。わたしはあなた方に劣ってはいない*+   しかしわたしは,全能者に語りかけたい+*と論じ合うことを喜びとしたい。   一方,あなた方は偽りで上塗りをしている者+あなた方はみな無価値な医者だ+   あなた方が全く沈黙してさえいたなら,それがあなた方の知恵であったろうに+   どうか,わたしの反論を聞き+わたしの唇の抗弁に注意を払ってもらいたい。   あなた方はのために不義を語り,[]のために欺まんを語るのか+   あなた方は[]にえこひいきをしようとするのか+それとも,[まことの]のために法廷で争うのか。   []があなた方に当たってみてもよいのか+それとも,人が死すべき人間を軽くあしらうように,あなた方は[]を軽くあしらうのか。 10  []はあなた方を必ず戒める+たとえひそかに,あなた方がえこひいきを示そうとも*+ 11  []の威厳があなた方をおののかせて飛び上がらせ,[]に対する怖れがあなた方を襲わないであろうか+ 12  記憶に残るあなた方のことばは灰の格言だ。あなた方の盾のほし*は粘土の盾のほしのようだ+ 13  わたしの前で黙っていてもらいたい。わたしが語るためだ。それから,何なりと,わたしに臨むがよい! 14  どうしてわたしは自分の肉を自分の歯で運び,自分の魂を*自分のたなごころに置くのか+ 15  たとえ,[]がわたしを打ち殺すとも,わたしは待ち望まないだろうか*+ただし,わたしは自分の道のために[]の面前で論じたい。 16  []もまたわたしの救いとなってくださる*+[]の前には背教者は出られないからだ+ 17  わたしの言葉を終わりまでよく聞いてもらいたい+わたしの宣言があなた方の耳に入るように。 18  どうか,見てもらいたい。わたしは正当な訴えを述べた+わたしは,自分が正しいことをよく知っている。 19  わたしと争う者は一体だれだろう+今,黙っていなければならないのなら,わたしは息絶えてしまうであろう! 20  ただ二つのことを私にしない*でください。そうすれば,私はただあなたのゆえに身を隠すことはないでしょう+ 21  あなたの手を私の上から遠ざけてください。あなたへの恐怖 ― それが私をおびえさせませんように+ 22  呼んでください。私が答えるためです。あるいは,私が話し,あなたは私に返事をしてください。 23  どんな点で私にはとがや罪があるのでしょうか。私の反抗と罪とを私に知らせてください。 24  なぜあなたはみ顔を隠し+私をあなたの敵とみなされるのですか+ 25  あなたは追い回されるただの木の葉を震えさせ,あるいは,乾いたただの刈り株を追って行かれるのでしょうか。 26  あなたは私に対して苦いことを書き連ね+私の若い時のとが[の結果]を私に所有させられるからです+ 27  あなたはまた,私の足を足かせ台にはめたままにし+私の道筋をことごとく見守られます。私の足の裏*のためにあなたはご自分の線を記されます。 28  そして,彼*はぼろぼろになる腐ったもの*のようです+実際,蛾が食い尽くす衣のようです+

脚注

12:3の脚注参照。
「神」,ヘ語,エール。
「えこひいきを示そうとも」,マソ本; タル,シリ訳,ウル訳,「[神]にえこひいきをしようとも」。
または,「あなた方の胸壁」。
「自分のを」。ヘ語,ウェナフシー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム裁 12:3; サム一 19:5と比較。
または,「わたしは待ち望まないだろう」,マソ本; マソ本欄外,タル,シリ訳,ウル訳,「わたしは[神]を待ち望むだろう」。
または,「それも……救いとなる」。
「しない」。このヘブライ語の動詞は,20-27節で神に語りかけて使われている「あなた」と一致して単数形。
字義,「足の根」。
「彼」,すなわち,ヨブのこと。
「腐ったもの(腐敗)」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「皮の袋」; シリ訳,「革の袋」。