ヨブ 10:1-22

10  「わたしの魂は自分の命に対して確かに嫌悪を感ずる+わたしは自分についての*気遣いを漏らそう。わたしは自分の魂の苦しみのうちにあって語ろう!   わたしは*に申し上げることにする,『私を邪悪な者としないでください。私と争っておられるのはどういう訳かを知らせてください。   不当なことをなさるのは,あなたにとって善いことでしょうか+ご自分の手*の懸命な働き[の産物]を退け+邪悪な者たちの助言を実際に照らすのは。   あなたは肉の目+を持っておられるのですか。あるいは,死すべき人間が見るように,あなたも見られるのですか+   あなたの日々は死すべき人間の日々のようですか+あるいは,あなたの年は強健な人の日々のようで[すか]。   それであなたは私のとがを見つけようとし,私の罪を尋ね求めておられるのですか+   それも,私が誤っていないことをあなたが知っておられるにもかかわらず+また,だれもあなたの手から救い出す者はいないのに+   あなたのみ手が私を形造ったので,それは私を造りました+周りもことごとく。それなのに,あなたは私を呑み尽くそうとされます。   どうか,思い出してください。あなたは私を粘土+で造られました。そしてあなたは私を,塵に帰らせます+ 10  あなたは私を乳のように注ぎ出し,チーズのように私を固まらせたではありませんか+ 11  あなたは私に皮と肉とを着せ,骨と筋をもって私を織り成されました+ 12  命と愛ある親切*を,あなたは私に施され+あなたの顧み+が私の霊*を守りました。 13  それでもこれらのことを,あなたはみ心に秘めておられました。私はこれらのことがあなたのもとにあることをよく知っています。 14  もし私が罪をおかせば,あなたは私を見張っておられ+私のとがのことで,あなたは私を罪のない者とはみなされません+ 15  もし私が実際に誤っているなら,私にとっては不幸なことです+それに,[もし]私が実際に正しくても,私は頭を上げられません+不名誉に飽き飽きさせられ,悩みで一杯にされているのです+ 16  そして[もし]それがごう慢なことをすれば+,若いライオンのようにあなたは私を捜し+あなたは再び,私の件でご自身が驚嘆すべき方であることを表わされるでしょう。 17  あなたは私の前にご自分の新しい証人たち*を連れ出し,私に対してご自分の立腹を大きくされるでしょう。相次いで辛苦が私と共にあります* 18  それで,なぜあなたは私を胎から出されたのですか+私が息絶えていたなら*,ひとつの目さえもわたしを見なかったでしょうに。 19  あたかも私はいなかったかのようになっていたでしょうし,腹から埋葬所へと運ばれていたでしょうに』。 20  わたしの日はほとんどないではないか+。[]が構わないで,わたしから視線をそらしてくださり,わたしが少しでも明るくなる+ように。 21  わたしが去って行く前に ― わたしは戻って来ることはない+すなわち,闇と深い陰*の地+へ, 22  暗闇のような暗い地,深い陰と無秩序[の地]へ[行く前に]。そこは暗闇と同様,[光が]照らない」。

脚注

「自分についての」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「彼についての」。
「神」。ヘ語,エローアハ。
または,「たなごころ」。
または,「命と忠節な愛」。
「私の)」。ヘ語,ルーヒー; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥム
「証人たち」,マソ本,ウル訳; 七十訳,「試み」; シリ訳,「武器」。
または,「相次ぐ強制労働の交代が私と共にあります」。
または,「私を息絶えさせてください。[そうすれば]」。
「深い陰」。字義,「死の陰」。