ホセア 11:1-12

11  「イスラエルがしょうねん*であったとき,わたしはこれをあいした+。エジプトからわたしはぶんした+  「ひとびと*かれらをんだ+。そのぶんだけかれらはそのまえから*はなれてった+。バアルのぞう*かれらはせいをささげるようになった+ちょうぞうかってせいけむりをくゆらせるようになった+  それでもわたしはエフライムにあゆかたおし+かれらを[ぶん]の*うでいた+。だがかれらは,わたしがかれらをいやしたことをさとらなかった+  ひと*なわをもって,あいつなをもってわたしはかれらをりつづけた+。こうしてわたしは,かれらのあごのくびきをはずもののようになった+。わたしはかくじんのもとにおだやかにしょくもつたずさえてった+  かれがエジプトのかえってくことはないであろう。だが,アッシリアがそのおうとなるであろう+かれらがかえることをこばんだからである+  そして,つるぎかれしょなかせんかい+,そのかんぬきをきさせてむさぼり+かれらのもろもろのはかごとのゆえである+  また,わたしのたみはわたしにたいしてちゅうじつになりがちである+。そしてひとびとはこれ*うえのほうへ*ぶ。がるものはだれひとり*いない。  「エフライムよ,どうしてわたしはあなたをはなすことができようか+。イスラエルよ,[どうして]あなたをわたすことができようか+。どうしてあなたをアドマのようにすることができようか+。[どうして]ツェボイイムのようにしておくことができようか+。わたしのこころはわたしのなかわった+。それとどうにわたしのどうじょうあつくなった。  わたしはぶんえるいかりをあらわすことはしない+。エフライムをふたたほろびにいたらせることはしない+。わたしはかみ*であって+ひと*ではなく,あなたのうちにあるせいなるものだからである+。わたしはこうふんのうちにることはない。 10  かれらはエホバにしたがってあゆむようになる+。ライオンのようにかれはほえる+かれがほえ+らがおののきながら西にしからるのである+ 11  とりのようにかれらはおののきながらエジプトから+。はとのようにアッシリアのから[やって+]。わたしはかならかれらをそのいえいえまわせる」と,エホバはおげになる+ 12  「エフライムはいつわりをもってわたしをかこんだ+。また,イスラエルのいえあざむきをもって。それでもユダはなおもかみ*ともにさすらい+もっとせいなるもの*ともしんらいせいたもっている*」。

脚注

または,「若者; 青年」。
「人々(彼ら)」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「わたし」。
「その前から(彼らの顔から)」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「わたしの顔から」。
「バアルの像に」。または,「バアルたちに」。ヘ語,ラッベアーリーム; ギ語およびラ語,バアリム。
「[自分]の」,七十訳,シリ訳,ウル訳と一致させて; マソ本,「彼の」,または,「人の」。
「地の人」。または,「人」。ヘ語,アーダーム。
または,「高める者はだれひとり」。同じヘブライ語動詞の出ている,出 15:2; 詩 145:1と比較。実際に,神を高めている者はだれもいなかった。
7:16の脚注参照。
マソ本では「これ」も「民」も共に男性形。
「人」。ヘ語,イーシュ; ギ語,アントローポス; ラ語,ホモ。
「神」。ヘ語,エール; ラ語,デウス。
「神」。ヘ語,エール。
「最も聖なる者」。ヘ語,ケドーシーム。「聖なる」を意味するカードーシュの複数形; GK,§124hによると,卓越を表わす複数形。箴 9:10および箴 30:3の脚注と比較。
または,「神と共に,まさしく,最も聖なる者,信頼できる者と共にさすらっている」。