エステル 2:1-23

2  これらのことのち,アハシュエロスおう+はげしいいかりがおさまると,[おう]はワシテ+のこと,そしてかのじょのしたこと+,およびかのじょたいしてめられたこと+おもこした。  そのとき,おうほうしゃであるそのじゅうしゃたち+った,「おうのために,よう姿うつくしい,しょじょ+であるむすめたちをもとめさせましょう+  そして,おうはごぶんりょういきのすべてのかんかついき+かんにんじ,よう姿うつくしい,しょじょであるむすめたちをみな,シュシャンじょう+の,おんなたちのしゅしゃであるおうかんがん+ヘガイ+たくされているおんないえあつめさせ,そしてマッサージをほどこすことがなされますように*  そして,おうよろこばしくおもえるむすめが,ワシテのわりにおうとなるのです+」。そして,このことおうよろこばれたので,かれはそのようにおこなった。  シュシャンじょう+にユダヤじんのあるひとがおり,そのをモルデカイ+といって,ベニヤミンじん+キシュのシムイのヤイルのであった。  この[キシュ]は,バビロン*おうネブカドネザル+らえてけいしょしたユダのおうエコニヤ*+ともらわれてけいしょされた,きょうせいじゅうさせられたたみ*ともに,エルサレムかららわれてけいにされたもの+であった。  そして[モルデカイ]はハダサ*,すなわちかれちちきょうだいむすめ+エステルのよういくしゃとなった+かのじょにはちちははもいなかったからである。そして,このわかおんな姿すがたもきれいで,ようぼうもうつくしかったが+,そのちちははんだとき,モルデカイはかのじょぶんむすめとしてったのである。  そして,おうこととそのほうれいつたかされ,おおくのむすめたちがシュシャンじょう+あつめられてヘガイにたくされたとき+,エステルもおういえれてかれ,おんなたちのしゅしゃヘガイにたくされたのである。  さて,このむすめかれよろこばれたので,かのじょはそのまえあいあるしんせつ+*た。かれいそいでかのじょにマッサージをほどこ+,ふさわしいしょくもつあたえ,またおういえからえらばれたしちにんむすめあたえて,かのじょとそのむすめたちをおんないえもっとところうつした。 10  エステルはぶんみんぞくのことも,しんぞくのこともかたらなかった+。モルデカイが,かたってはならないとかのじょめいじておいたからである+ 11  そして,モルデカイはエステルのあんと,かのじょがどうされているのかをろうと,まいにちまいにちおんないえなかにわまえあるいていた。 12  そして,おのおのおんなじゅんばんて,アハシュエロスおうのところにはいってくことになったとき,それはおんなていにしたがってじゅうげつたったのちのことであったが,それというのも,そのようにしてマッサージをほどこかんが,ろっげつもつやくあぶら+で,さらにろっげつはバルサム+おんなのマッサージ[をほどこすこと]で,やがてちたからであるが, 13  そのとき,このようにしてむすめは,おうのところにはいってった。おんなうものはみなあたえられ,それをっておんないえからおういえ+くのであった。 14  おんなゆうがたはいってき,あさだいおんないえかえり,そばめたちのしゅしゃであるおうかんがん+シャアシュガズにたくされた。おんなは,おうかのじょのことをよろこび,によってばれるのでなければ,それからはもうおうのところにはいってくことはなかった+ 15  ところで,モルデカイがぶんむすめとしてった,かれのおじアビハイルのむすめエステル+じゅんばんて,おうのところにはいってくことになったとき,かのじょおんなたちのしゅしゃであるおうかんがんヘガイ+ったもののほかはなにねがもとめなかった+。(そのかんずっと,エステルはかのじょるすべてのものめぐみをていた+。) 16  そこで,エステルは[おう]のせいだいしちねん+だいじゅうつき,すなわちテベト*つきに,おういえのアハシュエロスおうのところにれてかれた。 17  そして,おうはほかのどのおんなたちよりもエステルをあいするようになったので,かのじょはほかのどのしょじょたちよりも[おう]のまえめぐみとあいあるしんせつ+。そこで[おう]はおうあたまかざりをかのじょあたまき,ワシテのわりにかのじょおうとした+ 18  いで,おうはそのすべてのきみたちとしもべたちのためのだいえんかい,すなわちエステルのえんかいもよおした。そして,かんかついきのためにたいしゃおこない+,またおうりょくにふさわしくおくものあたえるのであった。 19  さて,しょじょたち+あつめられたとき,モルデカイはおうもんすわっていた+ 20  エステルは,モルデカイ+かのじょめいじたとおり,ぶんしんぞくのことも,そのたみ+のこともかたっていなかった+。エステルはかれによりけていたときのように+,モルデカイのったことをこうしていた。 21  そのころ,モルデカイがおうもんすわっていると,いりぐちまもものであるおう二人ふたりていしん,ビグタンとテレシュがふんがいして,アハシュエロスおうけようとうかがっていた+ 22  そして,このことがモルデカイにれたので,かれただちにおうエステルにげた+いっぽう,エステルはモルデカイのおうかたった+ 23  そこで,このことついきゅうされ,けっきょくあきらかにされたので,かれらふたりはくい*+けられることになった+。そののち,このことはおうまえでそのだいせきしょ+しるされた。

脚注

「施すことがなされますように」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。
「強制移住させられた民」。または,「流刑にされた民」。ヘ語,ハッゴーラー
王二 24:8では「エホヤキン」; エレ 22:24では「コニヤ」。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」。
「ぎんばいか」の意。ヘ語,ハダッサー。
または,「その前に忠節な愛を」。
宗教暦の第10の月の流刑後の名称。付録8ロ参照。
または,「材木」。字義,「木」,マソ本; ラ語,パティブロー。