詩編 62:1-12

しゃへ。エドトン*で。ダビデのうた 62  わたしだまってかみつ。わたしすくいはかみから+   かみわたしいわすくい,あんぜんなんじょ*+わたしがひどくどうようすることはない+   あなたたちはひところそうとしておそうのをやめないのか+あなたたちはみなかたむいたじょうへきくずれそうないしかべのようにけん*   これらのひとは,ひとたかからろそう*きょうし,うそをつきたがる。くちではしゅくふくねがうが,こころではわざわいをねが+。(セラ)   わたしだまってかみ+わたしぼうかみからるからだ+   かみわたしいわすくい,あんぜんなんじょわたしどうようすることはない+   わたしすくいとえいこうかみからる。かみわたしきょういわなんじょ+   たみよ,いつでもかみたよれ。あなたのちをすべかみつたえよ+かみわたしたちのなんじょ+。(セラ)   ひとびとはただのいきひとげんえい+まとめてはかりにけても,いきよりかる+ 10  おどることをてにしたり,ごうだつたいをかけたりしてはならない。さんえたとしても,とくになってはならない+ 11  1かみはなし,2わたしいた。ちからかみのものであると+ 12  エホバ,るぎないあいもあなたのもの+あなたはかくじんに,おこないにおうじてむくいる+

脚注

用語集参照。
または,「高台」。
もしかすると,「あなたたちは皆,その人を傾いた城壁,崩れそうな石壁のように見なす」。
または,「人の尊厳を失わせよう」。

注釈

メディア