詩編 60:1-12

しゃへ。「おもすためのユリ」にわせて。ミクタム*。ダビデによる。おしえるために。ダビデがアラム・ナハライムおよびアラム・ツォバとたたかい,ヨアブがもどってしおたにでエドムじん1まん2000にんったとき+ 60  かみよ,あなたはわたしたちを退しりぞけ,しゅほうかいさせました+わたしたちにたいしていかりました。しかしいまわたしたちをれてください。   あなたはめんらし,きました。そのもともどしてください。めんくずれたからです。   あなたはごぶんたみなんわせました。よろけさせるぶどうしゅわたしたちにませました+   あなたをおそれるひとあいおくってください*をかわしながらげられるように。(セラ)   あなたがあいするひとたちをたすしてください。みぎわたしたちをすくい,こたえてください+   しんせいかたである*かみはなしました。わたしかんし,シェケムをしょゆうとしてあたえよう+スコトのたに*はかけよう+   ギレアデはわたしのもの。マナセもわたしのもの+エフライムはわたしあたまのかぶと*ユダはわたしれいかんのつえ+   モアブはわたしのたらい+わたしはエドムのうえぶんのサンダルをげる+フィリスティアにたいしてしょうさけびをげる+」。   わたしほう*されたまちれていってくれるのはだれですか。エドムまでみちびいてくれるのはだれですか+ 10  それはあなたではありませんか,わたしたちを退しりぞけたかみよ。もうわたしたちのぐんたいともていってくださらない,わたしたちのかみ+ 11  なんっているわたしたちをたすけてください。にんげんすくいをもとめてもなのです+ 12  かみによってわたしたちはちからます+かみわたしたちのてきたいしゃみつけます+

脚注

用語集参照。
もしかすると,「送ってくださいました」。
もしかすると,「聖なる場所にいる」。
または,「谷あいの平原」。
直訳,「とりで」。
もしかすると,「防備」。

注釈

メディア