詩編 52:1-9

しゃへ。マスキル*。ダビデによる。エドムじんドエグがて,サウルに,ダビデがアヒメレクのいえたとったとき+ 52  ちからつよひと,なぜあなたはわるおこないをほこるのか+かみるぎないあいいちにちじゅうえることがない+   あなたのしたはかみそりのようにするど+がいになることをたくらみ,ひとあざむ+   あなたはぜんよりもあくあいする。ただしいことではなく,うそをかたりたがる。(セラ)   ああ,あざむきにちたしたよ,あなたはがいくわえることすべてをあいする。   それでかみはあなたをえいえんたお+あなたをつかみげ,あなたのてんまくからはな+このじょうからあなたを+。(セラ)   ただしいひとはそれをけいちをいだ+わらって+   「このひとかみぶんなんじょ*としなかった+ぶんゆたかなとみてにした+ぶんわるだくみにたよった*」。   しかしわたしは,かみいえしげるオリーブののようになる。かみるぎないあいたよ+,いつまでもえいえんに。   わたしえいえんにあなたをさんする。こうどうしてくださったから+あなたにくす*ひとたちのまえで,あなたのによってぼういだ+それはいこと*だから。

脚注

用語集参照。
または,「要塞」。
または,「避難した」。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
または,「あなたの名は良いもの」。

注釈

メディア