詩編 42:1-11

しゃへ。コラのそん+のマスキル* 42  みずながれをした鹿しかのように,かみよ,わたしはあなたをしたいます。   わたしかみを,きているかみもとめる。かわきをおぼえたひとのように+いつわたしかみまえられるのだろうか+   ひるよるなみだわたししょくもつとなる。ひとびといちにちじゅう,「おまえのかみはどこにいるのか」とわたしをあざける+   のことをわたしおもし,ちをすべかみつたえる。わたしはかつてぐんしゅうともあるいた。まえってゆっくりあるいた。かみいえかって。まつりをいわい,よろこびとかんしゃこえげるぐんしゅうとも+   なぜわたしぜつぼうしているのだろう+なぜこころがかきみだされているのだろう。かみ+わたしだいすくぬしさんする+   わたしかみわたしぜつぼうしています+それであなたをおもします+ヨルダンほうとヘルモンのみねみねから,ミツアルさん*から。   みずふかみがみずふかみへとける。あなたのたきおとによって。あなたのあらなみわたしあっとうされる+   ひる,エホバはわたしるぎないあいしめしてくださる。よるわたしかみについてうたい,いのちあたえてくださったかみいの+   わたしおおいわであるかみう。「なぜわたしわすれたのですか+なぜわたしてきしいたげられ,かなしんであるかなければならないのですか+」。 10  さついだいた*てきたちがわたしをあざける。いちにちじゅう,「おまえのかみはどこにいるのか」とあざける+ 11  なぜわたしぜつぼうしているのだろう。なぜこころがかきみだされているのだろう。かみ+わたしだいすくぬしであるわたしかみさんする+

脚注

用語集参照。
または,「小さい山」。
もしかすると,「私の骨を砕くかのように」。

注釈

メディア