詩編 4:1-8

しゃへ。げんがっばんそうともに。ダビデのうた 4  ただしいかたであるかみ+わたしときこたえてください。なんからのがれさせて*ください。しんせつしめし,いのりをいてください。   ひとびとよ,いつまでわたしとうとばず,じょくするのか。いつまでなものをあいし,いつわりのものをさがすのか。(セラ)   エホバがごぶんくす*ひととくたいせつにして*くださることをれ。わたしけると,エホバはいてくださる。   こころみだされるとしても,つみおかしてはならない+いたいことはどここころなかい,だまっていよ。(セラ)   ただしいこころせいささげ,エホバにたよ+   「だれわたしたちにいいらしをさせてくれるだろうか」とひとおおくいる。エホバ,がおわたしたちにけてください+   わたしこころはあなたによってよろこびでちます。こくもつあたらしいぶどうしゅをたくさんひとにもまさよろこびで。   わたしよこになっておだやかにねむります+エホバ,あなただけがわたしあんしんしてらせるようにしてくださいます+

脚注

または,「苦難の時に広い場所を作って」。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
または,「を見分けて」,「を取り分けて」。

注釈

メディア