詩編 36:1-12

しゃへ。エホバにつかえるダビデによる。 36  あくにんこころおくはんがある。かれかみへのおそれはない+   かれはあまりにうぬぼれていて,ぶんあやまちをけることもにくむこともできない+   そのくちからことゆうがいひとあざむく。かれにはぜんおこなうためのどうさつりょくがない。   どこはいってもゆうがいなことをたくらみ,くないみちこころける。わるいことを退しりぞけない。   エホバ,あなたのるぎないあいてんにまでたっします+あなたのしんじつさはくもにまで。   あなたのただしさはそうごんやま*のよう+あなたのさばきはこうだいみずふかみのよう+エホバ,あなたはひとどうぶつつづけさせ*ます+   かみよ,あなたのるぎないあいなんとうといのでしょう+ひとびとはあなたのつばさかげなんします+   あなたのいえさいりょう*ものぞんぶんみます+あなたはよろこびのかわみずませます+   あなたはいのちみなもと+あなたのひかりによってわたしたちはひかります+ 10  あなたをひとるぎないあいしめつづけてください+あなたがただしいかたであることをこころしょうじきひとしめしてください+ 11  ごうまんひとあしわたしみつけることがありませんように。あくにんわたしはらうことがありませんように。 12  あくおこなひとたおれました。たおされ,がれません+

脚注

直訳,「神の山」。
または,「救い」。
直訳,「肥えた」。

注釈

メディア