詩編 30:1-12

いえほうけんするときうた。ダビデによる。 30  エホバ,あなたをたたえます。わたしすくして*くださったから。てきわたしのことでよろこぶのをあなたはゆるさなかった+   わたしかみエホバ,わたしたすけをもとめてさけぶと,あなたはやしてくださった+   エホバ,あなたはわたしはか*からげてくださった+はかあなくだっていかないようたすけ,つづけるようにしてくださった+   かみくす*ひとたち,エホバをさんしてうた*+かみせいなるをたたえよ+   かみいかりはつかのであり+かみめぐ*しょうがいおよ+ばんなみだながしても,あさにはよろこびのこえげる+   わたしは,やすらかなちでいたときにこうった。わたしどうようする*ことはない」。   エホバ,あなたのめぐ*によってわたしやまのようにつよくなりました+しかしあなたがかおかくすと,わたしはおびえました+   エホバ,わたしはあなたをつづけました+エホバにめぐみをねがつづけました。   わたし*なにいことがあるだろうか,わたしはかあなくだることに+つちはあなたをさんするだろうか+。あなたがしんらいできるかただとうだろうか+ 10  いてください,エホバ,めぐみをあたえてください+エホバ,わたしたすけてください+ 11  あなたはわたしなげきをおどりにえてくださった。わたしあらぬのり,よろこびをせてくださった。 12  それであなたをさんしてうたう。だまったままではいない。わたしかみエホバ,あなたをえいえんさんします。

脚注

または,「引き上げて」。
ヘブライ語,シェオル。用語集参照。
または,「を揺るぎなく支持する」,「から離れない」。
または,「のために音楽を奏でよ」。
または,「善意」。
または,「よろける」。
または,「善意」。
直訳,「血」。

注釈

メディア