詩編 22:1-31

しゃへ。「けの鹿じか*わせて。ダビデのうた 22  わたしかみわたしかみ,なぜわたしてたのですか+なぜすくってくださらないのですか。なぜのうさけびをいてくださらないのですか+   わたしかみひるつづけても,あなたはこたえません+よるわたしちんもくしません。   あなたはせいなるかた+イスラエルからのさんかこまれて*いる。   わたしたちのはあなたにたよった+たよったので,あなたはいつもたすした+   かれらはあなたにかってさけび,すくわれた。あなたにたよったので,しつぼうしなかった*+   だが,わたしむしけら。にんげんではない。ひとびとにあざけられ,たみけいべつされた+   わたしひとみな,あざわら+れいしょうし,あざけってあたま+   「かれはエホバにゆだねたのだ。そのかたたすしてもらえ。すくってもらえ。そのかたのおりなのだから+」。   あなたはははたいないからわたししたかた+ははむねなかあんしんさせてくださったかた 10  わたしまれたときからあなたのけてきた。ははたいないにいたときからあなたはわたしかみ 11  わたしからとおはなれたままでいないでください。なんちかくにせま+たすけてくださるかたはほかにいないからです+ 12  おおくのわかうしわたしかこ+バシャンのきょうりょくうしわたし+ 13  くちおおきくけてわたしかってくる+ものくほえるライオンのように+ 14  わたしみずのようにそそされ,ほねすべはずれた。こころはろうのようになり+わたしおくふかくでけてしまった+ 15  わたしちからかわり,とうのかけらのようになり+したぐきにくっつく+あなたはつちぼこりのなかわたし+ 16  いぬわたしかこ+あくとうのようにってくる+ライオンのようにわたしあしにかみつく+ 17  わたしぶんほねぜんかぞえることができる+かれらはわたしながめ,じっとつめる。 18  かれらはわたしふくい,わたしふくのためにくじを+ 19  エホバ,とおはなれたままでいないでください+わたしちからであるかたいそいでわたしたすけてください+ 20  すくってください。わたしつるぎから,かけがえのないこのいのちをどうもういぬから+ 21  すくってください。ライオンのくちから+ぎゅうつのから。わたしこたえ,すくってください。 22  わたしはあなたのきょうだいたちにらせ+かいしゅう*なかであなたをさんする+ 23  エホバをおそれるひとたち,かみさんせよ。ヤコブのすべてのそんかみをたたえよ+イスラエルのすべてのそんけいちをいだけ。 24  かみは,しいたげられているひとくるしみをかろんじたりしたりせず+かおそむけなかった+たすけをもとめてさけぶと,いてくださった+ 25  わたしおおきなかいしゅうなかであなたをさんする+かみおそれるひとたちのまえせいやくたす。 26  おんこうひとべてまんぞく+エホバにみちびきをもとめるひとはそのかたさんする+あなたたちがえいえんきられますように。 27  てにいたるまで,ひとびとおもしてエホバのほうく。すべてのくにひとびとはあなたのまえでひれ+ 28  おうけんはエホバのもの+くにぐにとうしている。 29  じょうゆうふくひとみなべて,ひれす。つちもどひとみなかみまえでひざまずき,だれ一人ひとりぶんいのちたもてない。 30  かみつかえるそんがいる。つぎだいがエホバについてく。 31  ひとびとて,かみおこなったただしいことを,まれてくるたみかたる。

脚注

曲名か曲調を指すのかもしれない。
または,「賛美の中に座って」。
または,「恥をかかなかった」。
用語集参照。

注釈

メディア