詩編 138:1-8

ダビデによる。 138  わたしこころからあなたをさんする+かみがみまえで,あなたをさんしてうた*   あなたのせいなるしん殿でん*+かってひれし,あなたのさんする+あなたはるぎないあいしめし,しんらいできるかただから。あなたはごぶんことを,なによりも*らしいものにした。   わたしんだ,あなたはこたえてくださった+わたしゆうかん*つよひとにしてくださった+   エホバ,じょうすべてのおうはあなたがかたったやくそくき,あなたをさんする+   エホバのみちについてうたう。エホバはおおきなえいこうびている+   エホバはたかところにいるが,けんそんひとめる+しかしごうまんひとのことは,とおくからっているにすぎない+   たとえわたしけんのただなかあるくとしても,あなたはわたしつづけさせてくださる+ばしてわたしてきいかりをさえぎり,みぎすくってくださる。   エホバはわたしのためにすべてのことをげてくださる。エホバ,あなたのるぎないあいえいえんつづ+あなたがつくったたみてない*でください+

脚注

もしかすると,「他の神々を気に留めず,あなたのために音楽を奏でる」。
または,「聖なる所」。
もしかすると,「ご自分の言葉を,ご自分の全ての名よりも」。
または,「大胆」。
または,「行おうとすることをやめない」。

注釈

メディア