詩編 135:1-21

135  ヤハをさんせよ*エホバのさんせよ。さんせよ,エホバにつかえるひとたち+   エホバのいえで,わたしたちのかみいえにわほうするひとたち+   ヤハをさんせよ。エホバはかた+かみさんしてうた*。それはこころよいこと*だから。   ヤハはごぶんのためにヤコブをえらんだ。イスラエルをとくべつ*しょゆうぶつとして+   わたしはよくっている。エホバがだいであることを,わたしたちのしゅすべてのかみよりもだいであることを+   エホバはごぶんよろこぶことをなんでもおこな+てんで,で,うみで,じょうふかところで。   かみてからくも*しょうじさせる。いなずまはなって*あめらせる。ぶんくらからかぜおく+   かみはエジプトではつほろぼした。ひとけもの+   エジプトよ,かみはあなたのなかでしるしとなることやせきおこな+ファラオとらいすべてをらしめた+ 10  かみおおくのくにぐにほろぼし+ちからづよおうたちをころした+ 11  アモリじんおうシホン+バシャンのおうオグ+カナンのすべてのおうこくを。 12  かれらのしょゆうとしてあたえた。ぶんたみイスラエルのしょゆうとして+ 13  エホバ,あなたのえいえんつづく。エホバ,あなたのめいせい*はいつのだいまでもつづ+ 14  エホバはたみまも*+ぶんつかえるひとたちにどうじょうする*+ 15  くにぐにぐうぞうぎんきんでできている。ひとつくった+ 16  くちがあっても,はなすことはできない+があっても,ることはできない。 17  みみがあっても,くことはできない。くちいきをすることはない+ 18  ぐうぞうつくひとたちはぐうぞうのようになる+ぐうぞうたよひとみな+ 19  イスラエルのそんよ,エホバをさんせよ。アロンのそんよ,エホバをさんせよ。 20  レビのそんよ,エホバをさんせよ+エホバをおそれるひとたちよ,エホバをさんせよ。 21  エホバがシオンからさんされますように+エルサレムにんでいるそのかた+ヤハをさんせよ+

脚注

または,「ハレルヤ」。「ヤハ」はエホバの短縮形。
または,「名のために音楽を奏でよ」。
または,「快いもの」。
または,「宝のような」。
または,「水蒸気」。
もしかすると,「水門を開いて」。
または,「名」。
または,「関して悔やむ」。
または,「民の訴えを正しく取り上げ」。

注釈

メディア