詩編 131:1-3

都へ上る時の歌。ダビデによる。 131  エホバ,私の心は傲慢ではなく,目も高慢ではない+大それたことや+身の丈以上のことを望んだりしない。   自分を落ち着かせ,静めた+母に抱かれる乳離れした幼児のようになった。私は満足する。乳離れした幼児のように。   イスラエルはエホバを待て+今もこれからもずっと。

脚注

注釈

メディア