詩編 111:1-10

111  ヤハをさんせよ*+א [アーレフ]わたしこころからエホバをさんする+ב [ベート]あつまったしょうじきひとなかで。 ג [ギメル]   エホバのぎょうらしく+ד [ダーレト]そのぎょうよろこひとみな,それを調しらべる+ ה [ヘー]   かみおこないはえいこうかがやいている。ו [ワーウ]かみただしさはえいえんつづ+ ז [ザイン]   かみは,おくのこらしいぎょうおこな+ח [ヘート]エホバはおもいやり*があり,あわれみぶか+ ט [テート]   ごぶんおそれるひとしょくもつあたえる+י [ヨード]ぶんけいやくえいえんおぼえている+ כ [カフ]   ちからづよおこないをごぶんたみあきらかにした。ל [ラーメド]くにぐにざいさんあたえて+ מ [メーム]   かみによるおこないはしんじつこうせい+נ [ヌーン]かみめいれいすべしんらいでき+ ס [サーメク]   つねかくじつなもの*いまもこれからもずっと。ע [アイン]しんじつさとただしさにもとづいている+ פ [ペー]   かみはごぶんたみすくった*+צ [ツァーデー]ぶんけいやくえいえんつづくようさだめた。ק [コーフ]かみしんせいすうこうなもの+ ר [レーシュ] 10  はエホバをおそれることからはじまる+ש [スィーン]かみめいれいまも*ひとみなふかどうさつする+ת [ターウ]かみえいえんさんされる。

脚注

または,「ハレルヤ」。「ヤハ」はエホバの短縮形。
または,「慈しみ」。
または,「十分な根拠がある」。
直訳,「買い戻した」。
直訳,「それらを行う」。

注釈

メディア