詩編 105:1-45

105  エホバにかんしゃ+かみべ。かみおこないをひとびとらせよ+   かみかってうたい,さんしてうた*かみらしいぎょうすべてをじっくりかんがえよ*+   かみせいなるほこ+エホバにみちびきをもとめるひとこころからよろこ+   エホバにちからもとめよ+えずかみこう*もとめよ。   かみおこなったらしいぎょうおもこせ。かみせきや,わたしたさばきを+   かみつかえたアブラハムのそん+かみからえらばれた,ヤコブのそん+   わたしたちのかみはエホバ+そのかたじょうぜんたいさば+   かみおぼえている。ごぶんけいやくえいえん+ぶんやくそく*せんだいいたるまで+   アブラハムとむすんだけいやく+イサクにちかったこと+ 10  かみは,そのちかいをせんげんによってヤコブにしょうし,イスラエルとのずっとつづけいやくとし, 11  った。「カナンほうをあなたにあたえる+そこがあなたたちのしょゆうとなる+」。 12  そのころかれらはかずすくなかった+とてもすくなく,そのがいこくじんだった+ 13  かれらはくにからくにあるいた。1つのおうこくからほかのたみところへと+ 14  かみは,だれかれらをしいたげることがないようにし+かれらのことでおうたちをいまし+ 15  った。「わたしえらんだ*ものたちにれてはならない。わたしげんしゃたちになにわるいことをしてはならない+」。 16  かみはそのきんしょうじさせ+パンのきょうきゅうった* 17  かみかれらにさきって1人ひとりひとつかわした。それはれいとしてられたヨセフ+ 18  あしかせをはめられ*+くびてつでつながれた。 19  エホバのことかれみがげた*かたったことじつげんするときまで+ 20  おうかれしゃくほうさせた+ひとびとはいしゃかれゆうにした。 21  おうかれぶんいえしゅじんとし,ぜんざいさんかんさせた+ 22  かれこうかんたちにかんするぜんけんゆだねられ*ちょうろうたちにおしえた+ 23  いで,イスラエルはエジプトにはい+ヤコブはハムのがいこくじんとしてんだ。 24  かみはごぶんたみおおいにやし+てきたいしゃよりつよくした+ 25  てきたいしゃこころえた。ごぶんたみにくむようにと。ぶんつかえるひとたちにたいしてさくりゃくめぐらすようにと+ 26  かみはごぶんつかえるモーセ+を,ぶんえらんだアロン+つかわした。 27  2人ふたりはエジプトじんあいだでしるしとなることを,ハムのせきおこなった+ 28  かみやみおくってくらくした+2人ふたりかみことさからわなかった。 29  かみはエジプトのみずえ,さかななせた+ 30  そのにカエルがむらがり+おうにまではいんだ。 31  かみはアブにしゅうらいめいじた。ブヨにエジプトぜんおそわせた+ 32  あめをひょうにえ,そのいなずま*はなった+ 33  ブドウのとイチジクのたおし,りょうくだいた。 34  バッタにしゅうらいめいじた。すうわかいバッタにおそわせた+ 35  バッタはそのくさすべてをくし,みのったものくした。 36  いでかみは,そのすべてのちょうなんはじめにまれたものたち*ほろぼした+ 37  ごぶんたみぎんきんともした+どのぞくにも,つまずくひとはいなかった。 38  エジプトはかれらがってよろこんだ。イスラエルへのきょうおそわれていたから+ 39  かみくもひろげてたみまも+よるたみらした+ 40  かれらがもとめると,ウズラをあたえた+てんからのパンでかれらのくうふくたした+ 41  かみいわひらくと,みずなが+ばくかわのようにながれた+ 42  かみは,ごぶんつかえたアブラハムとのせいなるやくそくわすれなかった+ 43  それで,ごぶんたみした。たみかん+かみえらんだひとたちはよろこびのこえげた。 44  かみくにぐにをごぶんたみあたえた+たみくにひとびとろうしてつくったものをった+ 45  こうしてかみは,たみていりっぽうまもらせた+ヤハをさんせよ*

脚注

もしかすると,「を語れ」。
または,「音楽を奏でよ」。
直訳,「顔」。
直訳,「命じた言葉」。
直訳,「油を注いだ」。用語集の「油を注ぐ」参照。
直訳,「パンの棒を全て折った」。パンを掛けておくために使われた棒のことかもしれない。
または,「で足を痛めつけられ」。
または,「精錬した」。
または,「を望み通りに縛ることができ」。
または,「燃える炎」。
または,「生殖力が初めに生み出したもの」。
または,「ハレルヤ」。「ヤハ」はエホバの短縮形。

注釈

メディア